« 前  

2018年10月5日(金)

  次 »
  • 最高裁判事に指名されたブレット・カバノーの承認をめぐり上院議会は投票手続きに入っていますが、反対の声がアメリカ全土で大きくなっています。10代のときカバノーにレイプされそうになったと訴えるクリスティン・ブラジー・フォード博士の告発を受け、FBIが新たに捜査を行いましたが、その結果を閲覧する機会が上院議員たちに与えられてから、まだ1日しか経っていないのです。4日には連邦議会議事堂前でカバノーに反対する大規模な座り込みが行われ、300人以上の抗議者が逮捕されました。カバノーは複数の女性から性的暴行や非行を告発されています。それでも上院は、本日の午前中にカバノー承認に向けた重要な手続き上の投票を行う予定です。最終的な承認投票は6日に行われる見込みです。決定の鍵を握るのは、まだ賛否を表明していない4人の上院議員の投票行動です。すなわち共和党の3議員、メイン州のスーザン・コリンズ、アリゾナ州のジェフ・フレーク、アラスカ州のリサ・ムルコウスキと、民主党の議員ウエストバージニア州のジョー・マンチンです。この問題について、受賞歴のある劇作家で『バギナ・モノローグ』の著者イブ・エンスラーに話を聞きます。彼女はまた、女性や女児に対する暴力に反対する運動「Vデー」の創始者でもあります。最近は『タイム誌』に、〝A Letter to White Women Who Support Brett Kavanaugh″(「カバノーを支持する白人女性への手紙」)という記事を寄稿しました。エンスラーはカバノー指名の展開を見守る性的暴行サバイバーに対し、こう語りかけます。「あなたの苦痛は重要な問題です。あなたの経験も、あなたを苦しめてきたトラウマも無視されるべきではない。あなたが自身でその経験の傷を癒やそうとしているように、あなたを支え、愛し、抱き留めてくれる人は、私たちのなかにたくさんいます。」

  • 国際的な性的暴行に関す対話に火をつけたの#Me Too運動が大きく盛り上がったこの一年でしたが、本日(5日)ノーベル平和賞が性暴力との闘いに長年取り組んできた2人の女性権利擁護者に与えられることが決まりました。内科医デニス・ムクウェゲと、人権活動家ナディア・ムラドです。デニス・ムクウェゲ医師は1999年コンゴ共和国でパンジー医院を設立しました。医院は年間数千人の女性を受け入れていましたが、その大半は性暴力が原因で手術が必要でした。ナディア・ムラドは25歳のイラク北部クルド人地区に住んでいたヤズディ教徒の人権活動家です。ムラドは武装組織「イスラム国」に拉致され、3年近く拘束されていました。拘束中、何度もレイプされたといいます。ゲストは受賞歴のある劇作家で、『バギナ・モノローグ』の著者イブ・エンスラーです。女性と女児に対する暴力の撲滅を目指す運動「Vデー」の創始者でもあるエンスラーは、ムクウェゲ医師の良き友人であり、ナディア・ムラドとも一緒に活動した経験があります。

  • ブラジルの有権者たちは7日に、南米の政治状況を変える可能性のある選挙の投票日を迎えます。世論調査によると、現在支持率トップは、極右の元陸軍将校ジャイール・ボウソナロで、彼は1964年から1985年まで続いたブラジルの軍事独裁政権を公然と賞賛しています。ボウソナロは長年、人種差別、女性蔑視、同性愛嫌悪的な傾向の発言をしてきましたが、選挙活動中の9月8日に刃物で刺されて以来、支持率は上昇してきました。ボウソナロ陣営に直接の恩恵をもたらしたのは、4月に起きた前大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバの投獄です。大統領選から脱落を余儀なくされる前、ルラは世論調査で支持率トップを維持していたからです。ルラが自ら選んだ後継者フェルナンド・アダジは、現在ほとんどの世論調査で支持率2位となっています。ピューリッツァー賞に輝くジャーナリストで調査報道サイト「インターセプト」の共同創設者で編集者のグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。彼はリオデジャネイロ在住で大統領選を取材してきました。

Syndicate content