« 前  

2018年8月21日(火)

  次 »
  • ローマ法王はローマカトリック教会史上初めて、聖職者による性的虐待の問題について12億人のカトリック信者全員に向けて書簡を出しました。フランシス法王は、この容赦ない2000語の書簡の中で「我々は子供たちを大事にせず、彼らを見捨ててきた」と記しました。ペンシルバニア州では8月第3週、300人以上のカトリック神父が70年以上にわたり、1000人の子供に性的虐待をし、その数は数千人以上の可能性もあり、教会の指導層がこうした虐待を隠蔽していた様子を大陪審の報告書が明らかにしました。1000人以上のカトリックの神学者や教育者、教区民たちがカトリック司教全員の辞任を求めています。「バスに乗る修道女たち」(Nuns on the Bus)運動をまとめているカトリックの社会正義擁護団体である「ネットワーク」(NETWORK)の代表シスター・シモン・キャンベルに話を聞きます。彼女は、A Nun on the Bus: How All of Us Can Create Hope, Change, and Community(『バスに乗る修道女:私たちすべてが希望と変化とコミュニティを創造できる過程』)の著者です。

  • 全米の囚人たちは8月21日、生活環境の改善、情報・物資へのアクセスの増大、「現代の奴隷制の停止」を求める全国的なストライキを始める予定です。少なくとも17州の囚人たちが8月21日からアッティカ刑務所暴動の47周年である9月9日まで、組織的な座り込み、ハンガーストライキ、作業放棄、食堂ボイコットを行うつもりです。全米のストライキを組織することを助けている囚人たちのネットワーク「ジェイルハウス・ローヤーズ・スピーク」(Jailhouse Lawyers Speak)の代理として囚人ストライキのまとめ役をしているアマニ・サワニに、さらに詳しく話を聞きます。世界産業労働者組合(IWW)の「収監労働者組織委員会」(Incarcerated Workers Organizing Committee)のメンバーで、刑務所ストライキで囚人の連携を手助けしている元囚人のコール・ド―シ―にも話を聞きます。

  • 少なくとも17州の囚人が8月21日、生活環境の改善、量刑改革、選挙権、「獄中の奴隷労働」の停止を求める大規模なストライキを行う予定です。数週間続く予定のストライキは、ブラック・パンサー党のジョージ・ジャクソンがサン・クエンティン州立刑務所を脱獄しようとして看守によって撃ち殺された事件の47周年記念日に開始、死者が出たアッティカ刑務所暴動の47周年である9月9日に終わる予定です。米国人歴史学者で著者、活動家のヘザー・アントンプソンに、さらに詳しく話を聞きます。彼女は、ビュリッツァー賞を受賞したBlood in the Water: The Attica Prison Uprising of 1971 and Its Legacy『流血:1971年のアッティカ刑務所暴動とその遺産』の著者です。彼女はミシガン州アナーバーのミシガン州立大学の歴史学の教授でもあります。囚人ストライキのまとめ役アマニ・サワニにも話を聞きます。

Syndicate content