« 前  

2018年8月16日(木)

  次 »
  • ペンシルベニア州大陪審の報告書で、300人以上のカトリック教会の神父が70年以上に渡り、子供1000人に性的虐待を加え、教会の指導者層がその事実を隠蔽してきたことが明らかになりました。被害者は更に数千人単位で存在する可能性があります。8月14日、同州検事総長ジョシュ・シャピロは、神父たちが幼い少女や少年をレイプした痛ましい事件の詳細を説明、中には扁桃腺手術後に病院で少女が神父にレイプされた事件や、神父が少女を妊娠させ、中絶手術を手配した事件もありました。今回の報告書で、カトリック教会が広範囲に渡り組織的に性的虐待の事実の隠蔽を画策したことが明らかになりました。それはコミュニティに対し神父が教区から移動になった理由を偽り、加害者である神父を解雇せず異動ですませる、虐待の報告があれば「秘密のアーカイブ」と呼び隠蔽してしまうことなどが含まれます。

  • ペンシルベニア州大陪審の衝撃的な新報告書で、300人以上のカトリック神父が70年以上に渡り、子供1000人を性的に虐待したことが明らかになりました。被害者は更に数千人単位で存在する可能性があります。教会の指導者層はその事実を隠蔽、コミュニティには嘘をつき、加害者である神父を解雇せずに異動ですませ、虐待の報告があっても「秘密のアーカイブ」と呼び隠蔽してしまうなどの行為を繰り返しました。ペンシルベニア州の神父に性的虐待を受けたサバイバーのショーン・ドハーティに詳しい話を聞きます。ドハーティの証言は8月14日の大陪審報告書にも含まれています。ドハーティはペンシルベニア州アルトゥーナ=ジョーンズタウン教区の神父に10歳のときから3年間、性的に虐待されました。犯人の神父ジョージ・コハルチックは聖職から追放され、FBIがコハルチックを小児性愛犯罪者と認定したにも関わらず、時効が成立していたため法的な裁きは受けませんでした。元カトリック神父で性的虐待被害者支援団体「回復への道」(Road to Recovery)共同創設者で代表のボブ・ホートソンにも話を聞きます。

  • デトロイトの下院議員候補であるラシーダ・タリーブは、先週ミシガン州のジョン・コニャーズ下院議員の元選挙区で民主党予備選に勝利しました。中間選挙本選では対立候補がいないため、彼女はパレスチナ系米国人女性初、そしてイスラム教徒の女性として初の連邦議会議員になると見られています。タリーブは社会民主主義者で、パレスチナ人帰国の権利および1国家案を支持し、国民皆保健、最低賃金15ドル、そして移民関税捜査局(ICE)廃止への支持を表明しています。タリーブは移民2世で、トランプ政権の入国禁止令にも反対しています。この歴史的勝利と、議会での抱負についてラシーダ・タリーブに話を聞きます。

Syndicate content