« 前  

2018年7月3日(火)

  次 »
  • 地滑り的勝利で、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールがメキシコの時期大統領に当選しました。そのイニシャルからAMLO(アムロ)として知られるメキシコシティ元市長は、ここ数十年で初の左派メキシコの大統領になります。ロペス・オブラドールとドナルド・トランプは7月2日、電話会談で移民と貿易について話しました。トランプは、メキシコの次期大統領に国境警備と北米自由貿易協定(NAFTA)での協力を求め、記者たちに、「彼は国境問題で我々を助けてくれると思う。我々の国境法と移民法は信じられないくらいひどくて、世界一役立たずだ。世界中から笑われている。一方、メキシコにはとても強力な移民法があるので我々を助けることができる」と、話しました。メキシコシティからジョン・アッカーマンとイルマ・サンドバルに話を聞きます。イルマ・サンドバルはメキシコ国立自治大学の教授で、汚職研究センターの代表です。彼女は次期大統領アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール政権で財務監督官を務める予定です。ジョン・アッカーマンは、メキシコ法律レビュー誌の編集者で、メキシコ国立自治大学の教授です。彼は、プロセソ誌とラ・ホルナダ紙のコラムニストでもあります。

  • トランプ政権は米国に不法に入国する移民を非難していますが、デモクラシー・ナウ!はテキサス州ブラウンズビルの国境にかかる橋に行き、難民申請希望者が米国は満員だといわれて、炎天下で何日も待機していることを知りました。「リオ・グランデ・バレーの平等な声ネットワーク」(Rio Grande Valley Equal Voice Network)の代表クリスティーナ・パチーノと、アメリカ自由人権協会(ACLU)のマイケル・シーフェルトに案内してもらいます。また、農場労働者たちの長年のまとめ役で「万人の連合」(La Unión del Pueblo Entero:LUPE)の代表であるフアニタ・バルデス=コックスに、国境での家族引き離しについて話を聞きます。私たちはサウスウエスト・キーが運営する、ウォル―・マートを改造した収容所「父の家」(Casa Padre)の1人の職員へのインタビューを試みました。

  • デモクラシー・ナウ!は、米国メキシコ国境を取材中、両親から引き離された移民の子供がいかに全米中に送られているかを直接目にしました。私たちが話した空港職員のひとりは、子供たちは他の州に送られるため早朝に連れて来られると言い、彼らの扱われ方に問題を感じると話します。 「私が見た最年長は10歳か11歳です。最年少は、たぶん5歳です」と、彼は言います。「彼らはそこに黙って座っていて、私は胸が張り裂けそうな気持ちでした。彼らは非常に幼い子供なのです。」

Syndicate content