« 前  

2018年3月2日(金)

  次 »
  • 米国諜報機関の仕事を請け負う会社に契約社員として勤務していたリアリティー・リー・ウィナーが2月27日(火)、ジョージア州オーガスタの裁判所に出廷しました。彼女の弁護士は、彼女が逮捕された当日にFBI捜査官に対して行った供述は、権利の告知(ミランダ警告)を受けていない状態でなされたものであるとして、証拠から除外するように求めました。国家安全保障局(NSA)に派遣社員として勤務していたウィナーは、2016年の米国大統領選挙へのロシアの介入に関する最高機密文書を『インターセプト』に漏えいした容疑を否認しています。諜報活動取締法で有罪となれば10年以下の禁固刑です。ゲスト2人を迎え、更に詳しい話を聞きます。シカゴから参加のジャーナリストでシャドウプルーフ・プレス編集長ケビン・ゴストラは、27日にオーガスタで開かれた法廷にいました。彼の最新記事は”In Reality Winner’s Case, Defense Seizes Upon FBI Testimony to Bolster Motion to Suppress Statements”(「リアリティ・ウィナー事件では、被告側がFBIの証言につけこみ証拠不採用の申し立てを強化」)です。ジョージア州オーガスタからは、リアリティ・ウィナーの母親ビリー・ウィナー=デイビスに話を聞きます。6月3日にリアリティ・ウィナーがFBI捜査官の尋問を受け、逮捕された彼女の自宅から参加です。

  • 学生が先導する銃規制運動が全米に広がる中、別の歴史的な学生運動の決定的な瞬間を振り返ります──人種隔離撤廃運動です。1961年1月9日、アフリカ系アメリカ人学生のシャーリーン・ハンターとハミルトン・ホームズが受講手続きのためにジョージア大学の構内に入ったところ、白人学生の集団が彼らに人種的な悪口を浴びせかけました。これは、アフリカ系アメリカ人の学生が率いた米国の公立高校や大学から人種隔離政策を撤廃する運動にとっての決定的な瞬間でした。シャーリーン・ハンターは1963年に卒業し、PBS、NPRやCNNで勤務し、ジャーナリストとして賞も受賞しました。彼女について、同じく賞受賞経験のあるジャーナリストのシャーリーン・ハンター=ゴールトに更に詳しく話を聞きます。ゴールドは自分の幼少期からジョージア大学在籍していた頃のできごとを回顧したIn My Place(『私の場所で』)をはじめ、数々の著書を執筆しています。ニューヨーカー誌に寄稿した最新記事は”Surviving School Desegregation, and Finding Hope in #NeverAgain”(『人種隔離教育制度の生き残りが#NeverAgainに希望を見出す』)です。

Syndicate content