« 前  

2018年1月31日(水)

  次 »
  • トランプ大統領は30日夜、初の一般教書演説を行いました。長い演説の中で彼は、グアンタナモ収容所の使用続行を指示する大統領令に署名したと発表しました。また、北朝鮮に対する好戦的な言辞を強め、北朝鮮政府を「下劣」と非難し、米国を核の危険で脅かしていると警告しました。米国で最も長い歴史をもつ週刊誌「ネイション」の編集者兼発行者のカトリーナ・バンデン・フーベルに話を聞きます。

  • トランプ大統領は、30日夜の初の一般教書演説の中で、ドリーマーズ(DREAMers)と呼ばれるDACA登録者(幼少期に米国に到着した非正規移民の若者を国外強制退去から保護し、一時的に滞在許可を認める制度)などの移民を、テロリストやギャングと結び付けようとする発言を繰り返しました。トランプは、就任後これまでずっと人種差別的で外国人嫌悪の発言を続けており、30日夜には連邦議会黒人議員団に属する多くの議員が、トランプの人種差別、およびアフリカ諸国を「肥溜め諸国」と呼んだ最近の発言に対する抗議の意を表して伝統的なアフリカのケンテ布を身に纏って出席しました。トランプの一般教書演説について、ソマリア系アメリカ人として選挙で選出された米国で最も高位の公務員であるミネソタ州議会議員イルハン・オマールに話を聞きます。

  • 30日、アリゾナ州選出の共和党下院議員ポール・ゴサールは、トランプ大統領の一般教書演説に出席する非正規移民たちを逮捕するよう、米国議会議事堂警察に要請しました。多くの非正規移民活動家たちが、ゴサールの脅しに屈せず、民主党の議員たちからの招待を受けて演説を聴きにいきました。「北西部拘留センターへの抵抗(Northwest Detention Center Resistance)」と「ミヘンテ(Mijente)」両団体のアクティビストで、自らも非正規移民であるマル・モラ・ビヤルパンドに話を聞きます。彼女はワシントン州選出上院議員マリア・カントウェルのゲストとして、一般教書演説に出席しました。

  • トランプ大統領は、初の一般教書演説で、米議会に移民政策の徹底的見直し法案を成立させるよう呼びかけ、ドリーマーズ(DREAMers)と呼ばれるDACA登録者(幼少期に米国に到着した非正規移民の若者を国外強制退去から保護し、一時的に滞在許可を認める制度)などの移民を、テロリストやギャングと結び付けようとする発言を繰り返しました。トランプは、一般教書演説へのゲストとして、2年前にニューヨーク州ロングアイランドでMS-13ギャングのメンバーによって殺害された2人の少女の両親も招待しました。MS-13は、1980年代にロサンゼルスで発祥した組織で、以来、米国による大量の国外退去政策の結果、中米に拡散しました。MS-13の歴史、および米国とエルサルバドルとの関係について、ハーバード・ロースクール公正処罰プロジェクトのライター・イン・レジデンス(大学居住作家)であるダニエル・デンビルに話を聞きます。彼が2017年にワシントン・ポスト紙記事、「(米国からの)国外退去が、中米のギャングを生んだ。強制退去の続行は解決にならない」というタイトルの記事を書きました。

  • 30日夜トランプ大統領は初の一般教書演説を行いましたが、長い演説には明らかにある言葉が欠落していました。「気候変動」です。一方でトランプは「美しくクリーンな石炭」を絶賛し、環境保護にとって重要な規制を後退させたことを自賛しました。一般教書演説について、気候変動問題に取り組む国際環境非営利組織NGO350.orgの共同設立者ビル・マッキベンと、ネイション誌の発行者カトリーナ・バンデン・フーベルの二人に話を聞きます。

Syndicate content