« 前  

2018年11月28日(水)

  次 »
  • ホンジュラスのフアン・オルランド・エルナンデス大統領の弟が、麻薬の密輸と銃規制違反の容疑により米国内で逮捕されました。マンハッタンの米連邦地裁検事ジェオフリー・バーマンは、大統領の弟トニー・エルナンデスが「米国を最終目的地にしてホンジュラスを通過する数トン規模のコカイン取引の全段階に関与している」と糾弾しました。エルナンデスはまた、ホンジュラス国内に輸送されたコカインの護衛のため、重武装させた警備隊を提供した容疑も受けています。この護衛隊にはホンジュラスの国家警察の警察官やドラッグ不正取引者が含まれています。カリフォルニア州立大学サンタ・クルーズ校の名誉教授ダナ・フランクから詳しく聞きます。彼女の近著のタイトルは、The Long Honduran Night: Resistance , Terror, and the United States in the Aftermath of the Coup.(『ホンジュラスの長い夜:クーデター後に続く抵抗、テロと米国』)です。

  • 米国は、メキシコとの国境で難民認定を求める人々に対し催涙ガスを発射したことで非難を浴びていますが、ホンジュラス国内の危機に目を向け、なぜこんなに多くの人々が母国ホンジュラスから逃れようとしているのかを考えてみましょう。ホンジュラスは、壊滅的な麻薬戦争と政治危機のため、世界で最も暴力がはびこる国の一つとなっています。こうなる一端をになったのは米国が支援した2009年のクーデターです。カルフォルニア州立大学サンタ・クルーズ校の名誉教授ダナ・フランクから詳しく聞きます。彼女の近著のタイトルは、The Long Honduran Night: Resistance , Terror, and the United States in the Aftermath of the Coup.(『ホンジュラスの長い夜:クーデターの後に続く抵抗、テロと米国』)です。

  • 8人の男が、環境活動家ベルタ・カセレス殺害の容疑で裁判にかけられています。カセレスは2016年にラ・エスパランサの自宅で銃撃されて死亡しました。判決は今週に言い渡される予定です。カセレスの暗殺は、彼女が先住民地域社会の保護と巨大な水力発電ダム計画に対する反対運動でゴールドマン環境賞(Goldman Environmental Prize)を受賞した翌年に起こりました。カルフォルニア州立大学サンタ・クルーズ校の名誉教授ダナ・フランクから詳しく聞きます。彼女の近著のタイトルは、The Long Honduran Night: Resistance , Terror, and the United States in the Aftermath of the Coup.(『ホンジュラスの長い夜:クーデターの後に続く抵抗、テロと米国』)です。

  • トランプ政権は、難民認定を求める人々に向けて催涙ガス弾を発射したことへの弁明に躍起となっていますが、催涙ガスの歴史に目を向けましょう。催涙ガスは戦争での使用を禁止されましたが、連邦当局や警察が市民に対して使用するのは合法です。国境警備当局による催涙ガスの使用はトランプ政権下で急増し、今年だけで20回以上使用されたことが当局自身のデータで明らかになりました。米国税関・国境警備局が27日、ニューズウィーク誌に語ったところによると、催涙ガスの使用を開始したのはオバマ政権時代の2010年でした。ジョンズ・ホプキンズ大学の社会学講師スチュアート・シュレーダーから詳しく聞きます。彼は、ベトナム戦争で武器として使用された催涙ガスが、米国の法執行機関による取締りのために使用さるようになったいきさつを研究してきました。彼の近著のタイトルは、Badges Without Borders: How Global Counterinsurgency Transformed American Policing(『国境なき警察官:グローバルな暴動鎮圧対策が米国の警察政策を変容させたいきさつ』)です。

Syndicate content