« 前  

2018年8月7日(火)

  次 »
  • 8月第2週は、バージニア州シャーロッツビル市中心街の公園から南部連合のロバート・E・リー将軍の銅像を撤去するという同市の決定に抗議して、 白人至上主義者とネオナチが大集合し、死者も出た「ユナイト・ザ・ライト」(Unite the Right)集会から1年になります。この集会は過去数十年で米国最大かつ最悪の白人至上主義集会になりました。PBSの番組「フロントライン」(Frontline)と報道機関プロパブリカによる新ドキュメンタリーDocumenting Hate: Charlottesville(『憎悪の記録:シャーロッツビル』)と共にシャーロッツビルでの破壊的な集会を振り返ります。PBSで8月7日の夜に初放映される同ドキュメンタリーの調査を行った記者A.C.トンプソンに話を聞きます。

  • 2017年8月数百人の白人至上主義者が、死者の出た「ユナイト・ザ・ライト」(Unite the Right)抗議行動に参加するためバージニア州のシャーロッツビルに到着しました。その時点で、地方当局は同市を恐怖に陥れた暴力への準備ができておらず、白人至上主義者と白人至上主義に反対する人たちとの血生臭い衝突をほとんど傍観するしかありませんでした。それから1年、捜査報道記者のA.C.トンプソンに、シャーロットビルや他の全米各地の過激派による集会を調べて、白人至上主義者を追跡し特定するという彼の取り組みについて話を聞きます。彼の調査Documenting Hate: Charlottesville(『憎悪の記録:シャーロッツビル』)は8月7日午後10時からPBSで初放映されます。

  • バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者のジェームズ・アレックス・フィールズが運転するドッジ社の車、チャージャーが集会に反対する群衆に突っ込み、反ファシスト活動家のヘザー・ヘイリーが亡くなってから約1年が経ちます。白人至上主義者はシャーロッツビルの1周年記念としてワシントンDCで再び「ユナイト・ザ・ライト」(Unite the Right)集会を開催する予定です。へイヤーの母親であるスーザン・ブローにヘザー・へイヤーの功績と人種差別と闘うために活動家ができることについて話を聞きます。

Syndicate content