« 前  

2018年5月22日(火)

  次 »
  • マイク・ポンペオ米国務長官は5月21日、就任後初の政策発表で、「史上最強の制裁」と述べイランを威嚇しました。ポンペオは、すべての核施設への「無条件の査察受け入れ」とイランによるイエメンへの介入停止を含む、イランとの新たな核条約のための12の「基本的な要請」を示しました。この発表は、トランプ政権による米国のイラン核合意の離脱から2週間も経たないうちに行われました。「ポンペオとボルトンは、国際社会の選択をはるかに容易なものにしました」と、「全米イラン系米国人協議会」(National Iranian American Council)の創設者で代表のトリタ・パルシは言います。「トランプ政権に協力して、制裁に協調、核合意から離れて戦争に向けての歩みを加速させるか、あるいはそれらに抵抗するかのどちらかということです」。

  • ハリー王子とメーガン・マークルは5月19日、ウィンザー城で結婚しました。多くの人々が、この結婚式を黒人の文化と歴史を祝福したとして称賛しました。マークルは異人種の間の子で、離婚歴があり、フェミニストであることを自負しています。結婚式では、アフリカ系米国人で初めて米国聖公会のトップとなった、マイケル・ブルース・カリー総裁主教による、奴隷、貧困、永続的な愛の力についての説教が行われました。英国王室の存在は、「富とエリート主義、少数の中での特権、英国のほんの一握りに集中したすべての資産を賛美するものです。そういう意味で、英国王室は、私たちすべてが生きている現在の経済秩序を非常によく象徴しているのです」と、ケンブリッジ大学の英語学部の大学講師であるプリヤ・ゴパールは言います。

  • ロイヤルウェディングが黒人文化を祝福するものとして称賛された一方で、英国政府は黒人移民たちを標的にした敵対的な移民政策をめぐって引き続き批判の目にさらされています。4月には、英国で数十年暮らしてきた数千人のカリブ系移民たちへの差別と、彼らの英国への移住が第二次世界大戦後の合法的なものだったにもかかわらず国外退去の対象とされていることをめぐるスキャンダルが大きくなり、アンバー・ラッド内相が辞任しました。「ウィンドラッシュ世代」(Windrush generation)として知られる、こうした移民たちの多くは、旧英国領ら英国に移住したのち市民権をとることなくきました。2012年に成立した厳しい反移民法を受けて、こうした移民たちの多くは現在、立ち退きと失業、国外退去の可能性に直面しています。英国政府は60人以上が不当に国外退去になった可能性があると認めています。エスクワイヤ誌の編集者ガブリエル・ブルーニーに話を聞きます。彼女の新しい記事は、The Royal Wedding Celebrated the Contributions of Black Britons, but it comes amid a scandal rooted in the British government’s mistreatment of Caribbean people(『ロイヤルウェディングが黒人英国人たちの貢献を祝福した一方で、英国政府はカリブ系移民たちへの虐待に根差したスキャンダルの渦中』)です。ケンブリッジ大学の英語学部の大学講師であるプリヤ・ゴパールにも話を聞きます。

  • 連邦捜査局(FBI)の幹部と司法省の役人たちは、ロシアとトランプの選挙陣営との関係疑惑についてのロバート・モラー特別検察官による捜査の扱いに関する機密情報を検証するため、議会指導者たちと会合を開くことを決めました。これは、トランプ大統領が彼の選挙陣営にFBIが潜入したかどうかを捜査するよう要請したことを受けて発表されました。トランプは数ヶ月にわたって、証拠もなしに、オバマ政権がトランプの選挙陣営をスパイしていたと主張してきました。法律の専門家たちは、トランプによる5月20日のツイートは、司法省に対して公然と大統領の圧力を適用することによって一線を越えており、ウォーターゲート事件でニクソン大統領と司法省の間にあったものと似たような衝突を起こす可能性があると述べています。トランプによる不正行為が見つかった場合、最終的には議会に報告されます。民主党指導部は公式には支持していませんが、中間選挙の候補者たちの間で大統領弾劾が討論の主題となる可能性もあります。一方、テキサス州選出の民主党下院議員アル・グリーンは、彼がトランプの弾劾の条項を草稿したと初めて発表してから1年後の今、トランプ弾劾への彼の取り組みを強化させました。弁護士で、「今こそドナルド・トランプを弾劾しよう」(Impeach Donald Trump Now)運動を始めた団体の1つである「民衆の言論の自由」(Free Speech for People)の代表のジョン・ボニファズに最新情報を聞きます。

Syndicate content