« 前  

2018年4月16日(月)

  次 »
  • 米英仏が13日夜におこなったシリア国内の化学兵器の貯蔵所とみられる施設2カ所と研究所1カ所に対する共同軍事攻撃に続き、米国はシリアのアサド大統領と繋がりのあるロシア企業に新たな制裁を科す方針です。トランプ大統領は軍事攻撃の成功を称え、ツイッターで「任務完了」と宣言しました。この軍事攻撃は先週初め、4月上旬に首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで化学兵器を使用したとされる攻撃が起きたことへの対応として行われました。今日のゲストであるラマ・クダイミは、「米国はシリアの人々による革命を支援したいと公式では言っていたが、「その介入は実際にはアサド政権を強化することとなった」と言います。クダイミは、シリア系アメリカ人活動家であり、「シリア連帯共同体」(Syrian Solidarity Collective)、「戦争抵抗者連盟」( the War Resisters League)全国委員会のメンバーです。

  • 米英仏は13日、シリア首都近郊ドゥーマで4月上旬に起きた化学兵器の使用が疑われる攻撃に対する共同軍事攻撃を行ないました。化学兵器使用の疑いについて独立機関による調査はまだ実施されていません。米国は攻撃についてアサド政権を非難しています。国連の化学兵器調査チームが15日、現地調査のためシリア入りしています。攻撃は、シリア政府が首都ダマスカス近郊の東グータ地区を反政府勢力から奪回しようとおこなっていた残虐な作戦の最中に起こりました。イラク戦争の内部告発者としておそらく最も有名なチェルシー・マニングに聞きます。彼女は現在ネットワークセキュリティーの専門家であり、政府の透明性、クイアとトランスジェンダーの権利のために活動しています。彼女は2010年、イラク戦争とアフガニスタン戦争、および国務省に関する大量の文書をウイキリークスにリークし、7年間を軍刑務所で過ごしました。現在、上院議員選挙に立候補しています。シリア系アメリカ人活動家ラマ・クダイミからも話を聞きます。クダイミは「シリア連帯共同体」(Syrian Solidarity Collective)、「戦争抵抗者連盟」( the War Resisters League)全国委員会のメンバーです。

  • パレスチナのガザでは13日、人々が3週続けてイスラエルとの境界に集まりました。「帰還のための大行進」が始まって3度目の金曜日にあたります。救急隊員によれば、金曜日の抗議活動で少なくとも30人のパレスチナ人がイスラエル兵の攻撃で負傷しました。イスラエルの占領に対する抗議活動が3月30日に開始されて以来、少なくとも34人のパレスチナ人がイスラエル兵によって殺害されました。シリア系アメリカ人活動家ラマ・クダイミから話を聞きます。クダイミは、「パレスチナの権利のための米国運動」(US Campaign for Palestinian Rights)で草の根の組織化を担当しています。「シリア連帯共同体」(Syrian Solidarity Collective)、「戦争抵抗者連盟」( the War Resisters League)全国委員会のメンバーでもあります。米国はイスラエルへの軍事援助を止めるべきだとし、パレスチナ人の権利は当地での米国の行動と密接に結びついていると主張します。

  • 米ブルックリンで4月5日、緊急通報に応じたニューヨーク市警の警察官らが精神障害があり武器を持っていなかったアフリカ系アメリカ人サヒード・バッセルを射殺するという事件が起きました。事件当時バッセルが手にしていた金属パイプを銃と勘違いしたためと警察は述べています。ニューヨーク市警によると、4人の警察官(3人は私服、1人は制服)はジャマイカからの移民であるバッセルに向けて10回発砲しました。4人はいずれもボディー・カメラを装着していませんでした。バッセルの家族は現在、銃撃前と銃撃中の様子が映っているすべての防犯ビデオを編集せずに公開することを求めています。サヒード・バッセルの両親、ローナとエリックから話を聞きます。

Syndicate content