« 前  

2017年9月19日(火)

  次 »
  • ジェフ・セッションズ司法長官は9月に入って、トランプ政権が「幼少期に米国に到着した移民への国外退去一時延期措置」(Deferred Action for Childhood Arrivals program:DACA)を撤廃するつもりであることを発表しました。DACAは、約80万人の若者に、米国で生活し働く権利を与えるものです。トランプ大統領と民主党の指導者たちは現在、「ドリーマーズ」(DREAMeres: DACAの対象者)を保護する取引を結ぼうとしています。上院少数党院内総務のチャック・シューマーと、下院少数党院内総務のナンシー・ペロシは9月第3週、DACAの保護法制化を目的に、ホワイトハウスでトランプ大統領と会談しました。トランプは会談後、取引の可能性は「大規模な国境警備」を承認するかどうか次第だろうと述べました。数十人の在留資格を持たない活動家たちと彼らの仲間は9月18日、下院議員のペロシの記者会見の最中に、彼女がトランプとの会談でドリーマーズを「交渉の切り札」として使ったと非難し、彼女をやじり倒しました。抗議者たちは、ドリーマーズだけでなく、米国に住む1100万人のすべての在留資格のない移民たちへの保護も求めました。イリノイ州選出の民主党下院議員ルイス・グティエレスに話を聞きます。彼は下院法務委員会のメンバーで、「ヒスパニック議員団の移民特別チーム」(Immigration Task Force of the Congressional Hispanic Caucus)の共同議長です。

  • 9月19日、「幼少期に米国に到着した移民への国外退去一時延期措置」(Deferred Action for Childhood Arrivals program:DACA)を受けている6人は、同プログラムの撤廃計画をめぐりサンフランシスコ連邦地裁にトランプ政権を提訴しました。この訴訟は、トランプ政権がDACAを撤廃する上で適切な行政手続きに従っていないとし、同プログムの撤廃は適正手続法に違反すると主張しています。DACAは、在留資格を持たない若い学生たちが組織した継続的な長年の草の根活動を経て、2012年にオバマ政権によって制定されました。また、米国の15の州とコロンビア特別区(首都ワシントン)も、DACA撤廃計画をめぐりトランプ政権を提訴しました。6人の原告の1人であるドゥルセ・ガルシアに話を聞きます。彼女は、普段からカリフォルニアの裁判所で他の移民たちを弁護している移民弁護士です。彼女は4歳のときにメキシコから家族が移民して以来、米国で生活しています。

  • 9月第3週末、ニューヨーク市クイーンズ区にあるトランプ大統領が幼年期に住んだ家で意外な集まりがありました。この家は現在Airbnb(エアービーアンドビー)に登録されています。国際的な人道および開発団体であるオックスファム・アメリカは9月16日、難民たちが米国での家庭、抵抗と生活についての物語を共有しながら1日を過ごすためにその家を借りました。このイベントと時を同じくして、ニューヨークタイムズ紙はトランプ大統領が米国に受け入れる難民の数の上限を5万人に引き下げることを検討中と報じました。難民のイーマン・アリに話を聞きます。彼女の家族は1990年代にソマリアから逃れ、結局米国に落ち着きました。彼女は9月16日の週末をクイーンズ区にあるトランプの幼年期の家で過ごしました。オックスファム・アメリカの難民運動の指導者であるイスラ・チャカーからも話を聞きます。

Syndicate content