« 前  

2017年9月8日(金)

  次 »
  • NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の新シーズンが開幕する中、最も積極的に発言する選手の1人が、最近ラスベガスで勾留され、警官に暴行されたことを明かしました。シアトル・シーホークスのスター選手マイケル・ベネットは6日、ツイッターで声明を出しました。一人の警官が「頭を銃で吹っ飛ばしてやると僕を脅した」。「ラスベガス警察の警官たちは、ただ黒人男性がいてはいけない時間に、いてはいけない場所にいたというだけで、僕を選び出し銃を突きつけた」。この出来事は、先月ラスベガスで行われたボクシング試合の会場の外で、銃声があったという通報に警官が対応していた時に起きました。ネイション誌のスポーツ編集者デイブ・ザイリンに話を聞きます。彼はマイケル・ベネットの半生に関する本Things That Make White People Uncomfortable(『白人を不快にさせるものごと』)の著作に本人と共に取り組んでいます。

  • フロリダ州はハリケーン「イルマ」に備えています。2週間前にメキシコ湾沿岸に上陸したハリケーン「ハービー」が数日間続いた歴史的豪雨で大洪水を引き起こした後、テキサス州の刑務所の状況を見ていきます。ヒューストンの東にあるボーモント市では、水位の上昇がはなはだしく市の給水システムがマヒとなるくらいでしたが、連邦刑務所も3か所のテキサス州刑務所も囚人を避難させようとしませんでした。刑務所は浸水していないと州刑務所の職員は話しています。しかし、ボーモント市にあるマーク・スタイルズ刑務所の1階に収監されているクリフトン・クロアという囚人は妻との会話で、ハリケーン上陸時に膝まで水に浸かったことや、通過後には詰まったトイレの悪臭がしていたと話しています。ボーモントにある連邦矯正施設に収監されている夫と連絡をとっているレイチェル・ヴィラロボスと、テキサス州の刑務所職員が所属する労働組合の米国州郡市職員連盟(AFSCME)3807地区代表ランス・ローリー、デモクラシー・ナウ!通信員ルネ・フェルツに話を聞きます。

  • 全国の学校が新学期を迎えています。学校の人種隔離復活について引き続き見ていきましょう。特にアラバマ州の学校です。今週ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された、ニコール・ハンナ=ジョーンズによる新しい記事"The Resegregation of Jefferson County"(「ジェファーソン郡における人種隔離の復活」)は、アラバマ州の白人が大多数の町が次々と地域の学区から離脱し、白人ばかりの学校を新設している現状を取り上げています。これは新形態の人種隔離だと批評家は話します。ニコール・ハンナ=ジョーンズに詳しい話を聞きます。人種隔離された学校制度の中での自分の娘の学校選びについて書いた彼女の記事は、ナショナル・マガジン賞を受賞しました。

Syndicate content