« 前  

2016年12月6日(火)

  次 »
  • 12月5日、デモクラシー・ナウ!の20周年を祝うために、2000人以上の人々がマンハッタンの歴史的に重要なリバーサイド教会に詰めかけました。デモクラシー・ナウ!は、1996年のニューハンプシャー州の予備選前夜に放送を開始しました。放送開始日は1996年2月19日でした。番組はラジオ放送として、一握りのラジオ局で始まりました。現在までに放送は5000回を超え、デモクラシー・ナウ!は世界中の1400のテレビ局とラジオ局で放送されています。12月5日夜の祝賀会で登壇した人物の1人は、世界的に知られた体制批判者で言語学者、作家のノーム・チョムスキーでした。彼はドナルド・トランプの選出について語りました。

  • 世界的に知られた言語学者で体制批判者のノーム・チョムスキーが12月5日夜、ニューヨーク市のリバーサイド教会でのデモクラシー・ナウ!20周年記念祝賀会で講演しました。彼は2000人以上の聴衆を前に、トランプの気候変動否定論の危険性と、それが人類の未来にとって何を意味するかについて話しました。

  • デモクラシー・ナウ!は12月5日夜、ニューヨーク市の歴史的に重要なリバーサイド教会で放送開始20年周年を祝いました。2000人以上の聴衆に向け講演した人物の1人は、世界的に知られた言語学者のノーム・チョムスキーでした。彼は人類が現在直面する二大脅威、すなわち核戦争の可能性と、人類が招いた気候変動による破壊の加速について語りました。

  • 著名なミュージシャンで俳優、活動家のハリー・ベラフォンテが12月5日夜、ニューヨーク市の歴史的に重要なリバーサイド教会で、デモクラシー・ナウ!の20周年を祝うために集まった2000人以上の人々を前に講演しました。同教会は、マーティン・ルーサー・キング牧師が1967年、ベトナム戦争反対を表明した場所です。ベラフォンテはジャマイカ移民の息子で、ハーレムとジャマイカのストリートで育ちました。彼は1950年代、カリプソの大ブームを巻き起こした中心的アーティストで、レコード業界史上初のミリオンセラーのアルバムを出しました。ベラフォンテは世界的なスターダムを駆け上がると同時に、公民権運動に深く関わるようになり、キング牧師の親友の1人でもありました。ベラフォンテはドナルド・トランプの当選について語りました。

  • 伝説的なミュージシャンで俳優、活動家のハリー・べラフォンテは12月5日夜、ニューヨーク市の歴史的なリバーサイド教会で、デモクラシー・ナウ!の20周年を祝うための祝賀会に参加しました。彼は壇上で、ノースダコタ州スタンディングロックで繰り広げられている予算38億のダコタ・アクセス・パイプライン計画に反対するアメリカ先住民の闘いの、最近の勝利を祝いました。また、オバマ大統領に対し、任期を終える前に先住民の活動家レナード・ペルティエを釈放することを求めました。

  • 俳優で活動家のダニー・グローバーは12月5日夜、リバーサイド教会でのデモクラシー・ナウ!20周年記念祝賀会で演説しました。同教会は公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師が1967年、ベトナム戦争に反対する歴史的な演説をした場所です。ダニー・グローバーは2000人以上の前で演説し、マーティン・ルーサー・キング牧師の精神に沿って、聴衆や米国がもう1度団結することを求めました。

  • 数々の賞を受賞したジャーナリストで長年の活動家のフアン・ゴンザレスは、20年以上前の放送開始以来、デモクラシー・ナウ!にとって欠かせない存在です。かつて政治団体「ヤングローズ」(Young Lords)を主催し、ニューヨーク・デイリー・ニュース紙の記者を長年務めたフアン・ゴンザレスは12月5日夜、ニューヨーク市の歴史的建造物リバーサイド教会でのデモクラシー・ナウ!20周年記念祝賀会で、オルタナティブニュースを存続させる必要性について話しました。

  • 伝説的な歌手で詩人、作家のパティ・スミスは12月5日夜、リバーサイド教会でのデモクラシー・ナウ!20周年記念祝賀会で、2曲を演奏しました。彼女がまず歌ったのは、2003年にガザでイスラエルのブルドーザーに轢き殺された米国人活動家レイチェル・コリーのために作った曲Peaceable Kingdom(『平和の王国』)でした。スミスはこの曲を、12月2日のオークランドの火事で亡くなった若いアーティストたちと、殉職した若いジャーナリストと活動家たちに捧げました。

Syndicate content