« 前  

2016年12月5日(月)

  次 »
  • ノースダコタ州のスタンディングロック・スー族と環境保護に歴史的な勝利がもたらされました。米国陸軍工兵隊がダコタ・アクセス・パイプラインの建設企業であるエネルギー・トランスファー・パートナーズ(ETP)に対し、ミズーリ川の途中にあるオアヒ湖の地下掘削への許可を与えないことを決定したのです。パイプラインの建設は正式に差し止められました。パイプライン建設はここ数カ月、ノースダコタ州のスタンディングロック・スー族、米州各地から集まった200以上の先住民族、彼らを支持する非先住民数千人の抵抗を受けてきました。抗議者はみな、パイプライン建設によってスー族の聖地が損なわれ、数百万人の水源となっているミズーリ川がパイプラインから漏れた汚染物で汚される可能性があると心配しています。スタンディングロック・スー族代表のデーブ・アーチャンボルト二世に、この決定についての反応を聞きました。

  • 米国陸軍工兵隊がダコタ・アクセス・パイプラインの建設企業であるエネルギー・トランスファー・パートナーズ(ETP)に対し、ミズーリ川地下の掘削許可を与えないことを決定しました。これに先立ち、先住民と非先住民の両方からなる退役軍人数千人がスタンディング・ロックに駆けつけ、日増しに暴力的になる警察の弾圧から「水保護者」を守るための人間の盾となる覚悟を明らかにしていました。米海軍退役軍人でナバホ族出身のレミーに話を聞きます。

  • スタンディング・ロックで4日、歓声が湧き上がりました。米陸軍工兵隊がダコタ・アクセス・パイプライン建設企業に対し、総工費38億ドルにのぼるプロジェクトの最終区間の建設許可を与えないことを決定、パイプラインの別の経路を検討すると発表したのです。しかし検討される代替ルートはどのようなものになるのでしょう。環境影響評価のプロセスはどうなるのでしょうか。ドナルド・トランプ次期大統領の就任後すぐ、この決定が覆される可能性はあるでしょうか。抵抗運動は今後、どのように進められるべきでしょう。先住民の環境団体「地球を尊重しよう」(Honor the Earth)の全国キャンペーン代表のタラ・ホウスカに、こうした疑問をぶつけます。ホウスカはカウチチング先住民地区(カナダ)出身で、オジブワ族に属しています。

  • 2016年11月、総投資額38億ドルに上るダコタ・アクセス・パイプライン計画からの投資撤退を求めて、抗議者が世界各地の銀行に対し数十回にわたりデモを繰り広げました。ノルウェー最大の銀行DNBはすでにパイプライン関連の保有資産の売却を迫られており、別のプロジェクト関連融資3件も終わらせることを検討しています。一方、エネルギー経済・財務分析研究所とサイトライン研究所(Sightline Institute)が発表した新報告書"Rickety Finances Behind the Dakota Access Pipeline."(「ダコタ・アクセス・パイプラインの背後でぐらつく金融」)によると、プロジェクトに金融面での弱点があることが明らかになりました。エネルギー・トランスファー・パートナーズ(ETP)は、石油会社に竣工期限を2017年1月1日と約束しており、1月1日の期限に間に合わなければ同社は石油会社との契約を失う可能性があります。報告書の共著者であり、サイトライン研究所でエネルギー金融を指導するクラーク・ウィリアムズ=デリーに話を聞きます。またスウィノミッシュ先住民族コミュニティーのメンバー、マイケル・ベンディオラにも話を聞きます。ベンディオラはスタンディング・ロック闘争への連帯として、(ダコタ・アクセス・パイプラインに融資する)ウェルズ・ファーゴへの抗議活動を展開しました。もう一つの主要石油パイプライン問題であるキンダー・モルガン社のトランス・マウンテン・パイプラインの延長プロジェクトに反対するカナダ先住民にも連帯しています。

Syndicate content