« 前  

2016年10月26日(水)

  次 »
  • ブラックパンサー党の創設から50年の節目に、これまであまり語られることのなかった政治犯の収監というその歴史の一面に光を当てます。ブラックパンサー党の多くの元メンバーは今も、拷問によって得られた自白や信ぴょう性の疑わしい証拠、政府の情報提供者による証言に基づいて有罪判決を受け、いまなお刑務所に収監されています。本日は、数十年を刑務所で過ごした4人の元ブラックパンサーを迎え、歴史的な討論会をお送りします。まずはブラックパンサー党の刑務所内の最初の支部の一つを設立した「アンゴラ・スリー」の2人の元メンバーに話を聞きます。ロバート・キングは、アンゴラ刑務所で32年を過ごし、そのうち29年は独房に収監されていました。キングの有罪判決は後に覆され、2001年に釈放されました。今年2月まで収監されていたアルバート・ウッドフォックスは、米国史上で最も長い間、独房で過ごした受刑囚です。ウッドフォックスは、「アンゴラ刑務所」として知られるルイジアナ州立刑務所で、1.8メートル×2.7メートルの独房に43年間ほとんどずっと、一人で閉じ込められていました。ウッドフォックスは69歳の誕生日に釈放されました。デモクラシー・ナウ!はその2日後、「自由の身になった気分は?」とウッドフォックスに尋ねました。

  • 本日は時間いっぱいを使って、米国における政治囚というブラックパンサー党が残した歴史に焦点を当てます。政治犯の収監で最も有名なのはおそらく、数々の受賞歴もあるジャーナリストでデモクラシー・ナウ!にもたびたび登場するムミア・アブ・ジャマルかもしれません。しかし収監されている政治犯はほかにも多数います。今年はすでに、二人の元ブラックパンサー党メンバーが獄死しています。ニューヨーク州のアブダル・マジド、ネブラスカ州のモンド・ウィ・ランガです。本日の歴史的な討論には、セコウ・オディンガも加わります。オディンガは、ニューヨーク市でのブラックパンサー党設立に貢献し、後に「黒人解放軍」(Black Liberation Army)に加わりました。1984年には、アサタ・シャクールの脱獄と警備会社ブリンクスの輸送車強盗事件にかかわったとして有罪判決を受け、州刑務所と連邦刑務所で33年服役した後、2014年11月に釈放されました。

  • 本日は、長年にわたって収監されたブラックパンサー党の元メンバーを迎え、米国の政治囚をテーマとした歴史的な討論会をお送りします。エディ・コンウェイは殺人で有罪判決を受け、44年にわたって服役し、2014年に釈放されました。コンウェイは、ボルティモアの警察官ドナルド・セイガーを殺害したとして有罪判決を受けましたが、無罪を主張し続けました。コンウェイは、FBIの防諜プログラム「コインテルプロ(COINTELPRO)」の謀略にはめられたと語ります。

  • ブラックパンサー党の元メンバーの中には、40年以上にわたって獄中にあり、健康状態の悪化に苦しむ人びともいます。いくつかのケースでは、刑罰を科されたのは何よりも黒人解放闘争にかかわっていたためだと裁判記録が示しています。多くの囚人は、ブラックパンサー党との関係を理由に、いまなお仮釈放委員会から仮釈放を却下され続けています。ブラックパンサー党の元メンバーで、政治犯として33年にわたって服役し、2014年11月に釈放されたセコウ・オディンガに話を聞きます。

Syndicate content