« 前  

2016年10月4日(火)

  次 »
  • 大統領選投票日まで残りわずか1カ月少しとというところで、ニューヨークタイムズ紙は共和党の大統領候補ドナルド・トランプが18年間連邦所得税を一切払っていない可能性を示す爆弾記事を掲載しました。トランプの選挙陣営は、記事の中で使われた、漏洩した税金書類の信ぴょう性について異議申し立てはしていません。ピュリッツァー賞を3回受賞し、今回のニューヨークタイムズ紙の調査を主導したデイビッド・バーストーと、ピュリッツァー賞受賞の調査報道記者で新たな伝記The Making of Donald Trump(『ドナルド・トランプになるまで』)の著者であるデイビッド・ケイ・ジョンストンに詳しく話を聞きます。

  • ドナルド・トランプは、漏洩した彼の納税申告書の一部の掲載について、ニューヨークタイムズ紙を訴えると脅し、同紙の編集長ディーン・バキットは、たとえ投獄されるという危険を冒すことになったとしても、掲載は実施すると言ってきました。トランプの税金を取材する2人の調査報道記者に、手紙や電話によるトランプの法的な脅しと、それをどう思ったかについて話を聞きます。「トランプ氏は、特に彼が表明している立ち位置を考えると、米国における独立的報道の自由の伝統にとって非常に重大な脅威を象徴していると言えるでしょう」と、ニューヨークタイムズ紙のデイビッド・バーストーは言います。「ドナルド・トランプは米国民の自由権、つまり憲法修正第1条の概念にとって、明白かつ目前にある危機を象徴すると思います」と、現在デイリー・ビーストのコラムニストを務めるデイビッド・ケイ・ジョンストンは同意します。

Syndicate content