« 前  

2016年9月8日(木)

  次 »
  • オバマ大統領が米国の大統領として初めてラオスを訪問しますが、ベトナム戦争中の米国によるラオスへの空爆の後遺症について見ていきます。米国はラオスに少なくとも200万トンの爆弾を投下しました。これは飛行機一機分を8分ごとに毎日24時間、9年間投下した計算になります。ラオス各地には、クラスター爆弾内部に仕込まれた野球ボール位の大きさの小型爆弾が最大8000万個が残っていると専門家は推定しています。オバマ大統領は今週、米国が投下したラオス国内の不発弾除去のために9000万ドルを拠出することを約束しました。本日はラオスの不発弾爆発事故サバイバーおよび被害者支援活動家とのインタビューを放送するとともに、Eternal Harvest: The Legacy of American Bombs in Laos(『永遠に残る後遺症――米国のラオス空爆の遺産』)を共同執筆したカレン・コーツとジェリー・レッドファーンに話を聞きます。

  • オバマ政権は環太平洋経済連携協定(TPP)承認を再び働きかけていますが、米国の主要経済学者および法学者200人以上が、論議を呼んでいる投資家と国家との争議調停条項を理由に、12カ国が参加するTPP協定を否決するよう要請する書簡を連邦議会に提出しました。反対派は「ISDS体制」と呼ばれる投資家と国家との係争に関する条項が、現行法制度と並行する法体制を築いてしまうため、多国籍企業に過度の特権を与えることになると主張しています。パブリックシチズンのグローバル・トレード・ウォッチ((Public Citizen's Global Trade Watch)代表ロリ・ウォラックに話を聞きます。「あまりにも矛盾の多いこの協定を、議会は承認すべきではありません」とウォラックは言います。

  • ノースダコタ州スタンディング・ロックでにらみ合いが続く抗議運動の模様を再びお伝えします。スー族の聖地である埋葬地を破壊から守ろうとするアメリカ先住民に対し、9月3日「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設会社は犬をけしかけペッパースプレーを浴びせかけました。攻撃が行われる数時間前、デモクラシー・ナウ!はスタンディング・ロック・スー族の歴史家ラドンナ・ブレイブ・ブル・アラードに、150年以上前に行われた同族への攻撃についてインタビューしました。1863年9月3日、米陸軍が300人以上のスタンディング・ロック・スー族を殺害した事件は「ホワイトストーンの虐殺」として知られています。ラドンナ・ブレイブ・ブル・アラードは、「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設に反対するために4月、自身の私有地に設置した「聖なる石」(Sacred Stone)抗議テント共同発起人でもあります。

Syndicate content