« 前  

2016年9月7日(水)

  次 »
  • ワシントンD.C.の連邦判事は6日、建設費用38億ドルに上る「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設の継続を認める判断を示しました。パインプラインの経路の近くには先住民部族の聖地である埋葬地が含まれています。ジェームズ・ボースバーグ連邦地裁判事は6日、国道1806号線とオアへ湖を結ぶ区域での建設を一時停止する命令を出しましたが、これより西側への建設は許可しました。建設会社の警備隊が3日、犬と催涙ガスを使って抗議に参加した群衆を攻撃したにもかかわらず、工事は多くの先住民の抗議によって一時停止に追い込まれました。しかしこの命令は抗議の対象となっている土地を保護するものではありません。建設予定地には、先住民部族の聖地である先祖の埋葬地が含まれます。「ダコタ・アクセス・パイプライン」に関して、「地球正義」(Earthjustice)の弁護士ステファニー・ツォシィから最新情報を聞きます。スタンディング・ロック・スー族による陸軍工兵隊への訴訟の共同代理人を務めています。

  • 「ダコタ・アクセス・パイプライン」の建設予定地の一部に6日、工事の一時停止命令が出されました。これを受けて同パイプラインの別の現場では、約100人が設備を妨害し建設を中断させました。重機によじ登り動こうとしない人々もいました。米国とカナダから先住民が抵抗の現場に押し寄せています。「地球を尊重しよう」(Honor the Earth)の全国キャンペーン代表タラ・ハウスカから話を聞きます。

  • 「ダコタ・アクセス・パイプライン」計画は、敷設予定地4州の一つ、アイオワ州でも法的な抵抗に直面しています。デモインにいるビル・ハニガン弁護士と話します。ハニガンは、アイオワ州の農地と水道供給を汚染する恐れがあるにも関わらず、この建設計画が公共サービスの提供を見せかけているとして、その土地収用に異議を唱えるアイオワ州の15人の地主を代表しています。

  • 4歳の娘を連れてエルサルバドルから米国に入り、保護を求めた女性の独占インタビューをお送りします。彼女はペンシルバニア州バークス郡の居住施設で9カ月間勾留されました。彼女がハンガーストライキを中止せよという圧力に屈し、リンゴを一つ食べた後、解放が認められた経緯を語ります。顔と本名を出さない条件でインタビューに応じました。テキサス州アーリントンに着いたばかりの「マリア」に聞きます。彼女は現在、足首に電子モニターを装着しなければなりません。デモクラシーナウ!の特派員レネー・フェルツがレポートします。

  • 子どもの勾留期間の上限はどのくらいが適切でしょう?ペンシルバニア州のバークス居住施設では少なくとも5家族が、米国内に一緒に住める肉親や親戚がいるにもかかわらず、保護申請の許可を待つ間、1年間も勾留されています。無期限勾留が保護申請を行う女性と子どもにもたらす影響について、移民問題を扱うブリジット・カンブリア弁護士と話します。カンブリアはバークス郡居住施設に勾留されている多くの家族を代表しています。もう一人のゲスト、アレン・ケラー医師は勾留された移民や保護を求める人々の診断と治療の専門家です。ケラーは8月、バークス居住施設を訪問し、そこにいる家族を観察しました。国際的な諮問機関である「人権のための医師団」(Physicians for Human Rights)のメンバーでもあります

  • ティム・ケイン上院議員の事務所で7日に予定されている座り込みについて、移民活動家のモハンマド・アブドラヒから最新情報を聞きます。座り込みを行うのは以前勾留されていた女性たちで、バークス居住施設に勾留中の家族の解放をケイン議員に求めています。民主党の副大統領候補であるケインや他の上院議員に対し、保護申請中の家族が米国内で親戚と暮らせることを許可する私法律案の作成を要求しています。
    続報:7日の放送後、中米から来た母親たちが、バークス居住施設にいる女性や子どもの待遇について、ケイン議員に抗議する座り込みを同議員の事務所で開始しました。

Syndicate content