« 前  

2016年6月7日(火)

  次 »
  • カリフォルニア州の予備選と他の6州の選挙の前夜である6月6日、AP通信とNBCニュースはヒラリー・クリントンが候補指名に必要な代議員数を獲得し、対抗馬のバーニー・サンダースを打ち負かしたと報じ、民主党の大統領候補指名選挙戦を揺るがしました。この2つの報道機関は、投票によって選出されるわけでない特別代議員への非公式な事前調査を基にこの結論に達しました。この予測が正しければ、クリントンは主要政党からの史上初の女性大統領候補となります。サンダースはこの動きを批判しました。「民主党全国委員会によれば、報道機関は一般代議員、いわゆる本当の代議員と、7月25日までは投票しない、考えが固まっているかどうか定かでない特別代議員を一緒くたに考えるべきではありません」と、サンダースは述べました。カリフォルニア州上院議長代行のケビン・デ・レオンと、バーニー・サンダースと共に選挙運動をしているロサンゼルス市審議員で元カリフォルニア州議員のギル・セディーヨによる討論を放送します。

  • カリフォルニア州の投票を前に、ドナルド・トランプは同州の歴史的な干ばつを軽視したことで批判に直面しています。彼は最近、いくつかの地域の水不足を「ある種の3インチの魚を守ろうとしている」環境保護者たちの責任にしました。カリフォルニア州上院議長代行のケビン・デ・レオンに、これについて話を聞きます。

  • カリフォルニア州上院議長代行のケビン・デ・レオンと、ロサンゼルス市審議員でのギル・セディーヨが、ドナルド・トランプと対戦するのに最良な候補者は誰かについて討論します。デ・レオンはヒラリー・クリントンを支持しています。彼は6月6日の夜、AP通信がクリントンを指名確実とされる民主党候補者と報じたときに彼女と一緒にロングビーチにいました。ギル・セディーヨはバーニー・サンダースを支持しています。

  • 主導的な共和党員たちは、共和党の大統領候補指名を受けると見られているドナルド・トランプによるメキシコ系米国人判事への攻撃を引き続き批判しています。トランプは、この判事は、営利目的のトランプ大学の機能不全に対する訴訟から降りるべきだと述べました。その理由は、トランプがメキシコ国境に壁を建設することを求めているため、この判事のメキシコ系の出自が利害対立につながるというものでした。カリフォルニア州上院議長代行のケビン・デ・レオンと、ロサンゼルス市審議員で元カリフォルニア州議員のギル・セディーヨに話を聞きます。

  • <最新情報:番組放送後、ジャスミン・リチャーズは、すでに務めた18日間を含む90日の禁錮刑、3年の執行猶予を言い渡されました。>

    カリフォルニア州で6月7日、「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)の活動家ジャスミン・リチャーズが、最近まで「リンチ罪」(felony lynching) として知られたカリフォルニア州法でもほとんど使われたことがない法律で有罪となり、その結果最大で禁錮4年の判決に直面しています。警察は、2015年8月パサデナでの平和行進中、リチャーズが別の人物が逮捕されるのを妨害しようとしたとして告発しました。若き黒人女性活動家がリンチ罪で逮捕、こう留されたことは抗議の嵐を巻き起こし、支援者たちは6月7日に裁判所に詰めかけることを断言しています。一方、別のカリフォルニアの事件で、判事は性的暴行の3つの重罪で有罪になった白人の元スタンフォード大学の水泳選手ブロック・アレン・ターナーに6カ月の禁固刑を言い渡しました。カリフォルニア州上院議長代行のケビン・デ・レオンと、ロサンゼルス市審議員のギル・セディーヨに話を聞きます。「スタンフォード出身で、女性をレイプした彼は6カ月の禁錮刑なのに、黒人の命[も大切]運動の一員で、差別や人種差別をめぐって米国で我々が直面している課題を引き出そうとし、米国憲法修正第1条で保障された権利に参加し、行使しようとしている彼女が4年の禁錮刑になろうとしているだって?」と、セディーヨは言います。「何かが間違ってるでしょう」。

  • 本日、6月7日は6州で予備選と党員集会が予定されていますが、米国民の関心のほとんどは米国の最大州であるカリフォルニアに集中しています。有権者たちは、ヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースの戦いに加えて、州選出上院議員バーバラ・ボクサーの後任として11月に誰が対決することになるかを決めることになりもます。2010年の州法のおかげで、カリフォルニア州の有権者たちは2人の民主党員の間での選択をすることになると見られています。カリフォルニア州司法長官のカマラ・ハリスと米国下院議員のロレッタ・サンチェスです。サンフランシスコにあるナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)の系列局KALWで毎日の公共問題を扱うラジオ番組「ユア・コール」(Your Call)の司会者ローズ・アグイラから話を聞きます。

Syndicate content