« 前  

2016年3月25日(金)

  次 »
  • 新たな大スクープです。米司法省がブラックウォーター創設者エリック・プリンスを、マネーロンダリング、中国の諜報機関とのつながり、外国政府への軍事サービス斡旋などの容疑で捜査していると、調査報道サイト 『インターセプト』が報じました。プリンスは現在、アフリカへの輸送に特化した航空機とロジスティクスの会社、フロンティア・サービス・グループの会長です。しかし『インターセプト』が入手した書類によれば、プリンスはペーパーカンパニーを設立して準軍事的なサービスをアフリカの少なくとも6カ国に提供しており、そこにはリビアも含まれています。米国と国連は、リビアでの軍事関連の取引に様々な制限を課してきました。また、プリンスにはリビアの共同経営者のもとへ資金を移すために中国の銀行に口座を開設しようとした疑いがあります。この捜査の一環として『インターセプト』が入手したスライドプレゼンテーションには、プリンスの私兵がヨーロッパへの難民の流れを止めるためという名目でリビアで軍事行動を行う可能性が示唆されています。プリンスはこれまでも、様々な国でイスラム武装組織と戦うために民間軍事勢力を育成することに昔から関与してきました。"Erik Prince in the Hot Seat"(苦境のエリック・プリンス)を執筆した、『インターセプト』のジェレミー・スケイヒル記者とマシュー・コール記者に話を聞きます。「いろんな意味でエリック・プリンスはマフィアのドンみたいなものです。彼はこれまで、自分の会社が行っている活動に関して個人的に問われる刑事責任については、すべて回避することに成功してきました。米政府が本気で彼を訴追しようとしているのかどうかは、まだわかりません」とスケイヒルは語ります。スケイヒルは『インターセプト』の共同設立者であり、ベストセラーになったBlackwater: The Rise of the World’s Most Powerful Mercenary Army(『ブラックウォーター 世界最強の傭兵軍団の 勃興』)の著者です。彼の近著Dirty Wars: The World is a Battlefield(『アメリカの卑劣な戦争:世界は戦場』)はペーパーバックが出ており、映画Dirty Wars(『アメリカの卑劣な戦争』)はアカデミー賞にノミネートされました。

  • 『インターセプト』によれば、一連のスクープはもともとブラックウォーター創立者エリック・プリンスがリビアやアフリカの国々で防衛サービスを提供しようとしたことに関する調査として始まったものですが、そこから疑惑が拡大し、彼が中国の諜報機関の助けを借りて中国銀行を介してリビア事業の口座を作った件についての調査に発展しました。米国の司法省も、プリンスと中国の諜報機関との関係の正確な実態を暴こうと調査を進めています。マシュー・コール記者とジェレミー・スケイヒル記者に、ふたりの共同記事"Erik Prince in the Hot Seat: Blackwater’s Founder is Under Investigation for Money Laundering, Ties to Chinese Intel, and Brokering Mercenary Services"(苦境のエリック・プリンス:ブラックウォーター創設者がマネーロンダリング、中国諜報機関とのつながり、傭兵サービスの仲介業務の嫌疑で捜査を受ける)で明らかにした事の詳細をききます。

  • 共和党大統領候補ドナルド・トランプは今週、MSNBCの番組で、外交政策にどう取り組むかを聞かれた際、「まずは自分自身に問いかけるね。私はとても頭が良く、色々なことを言ってきたからね」と答えました。それに加えて、あまり知られていない彼の外交政策顧問たちの名前を挙げましたが、そこには安全保障政策センターとつながりがあるジョセフ・シュミッツ元米国防省総監の名前もありました。シュミットは、ジョージ・W・ブッシュ政権の高官たちが不正行為で追求されたとき、彼らを擁護したとして辞職に追いやられた人物です。『インターセプト』のジェレミー・スケイヒル記者はかつて、シュミッツについて、「狂った世界観」を持った過激なキリスト教至上主義者」の元ブラックウォーター幹部と書いたことがあります。スケイヒル記者の反応を聞きます。

  • 調査報道サイト『インターセプト』は、米軍や米諜報機関によって使用されている携帯電話監視装置が何十種も掲載された米国政府の機密の内部カタログを入手しました。ジェレミー・スケイヒル記者によれば、これは全米の連邦法執行機関や全国各地の地元警察の偵察能力について知ることのできる稀な資料です。カタログには、監視装置で有名なブランドのスティングレイなどが入っており、これまでに公表されていないような装置も含まれています。この一覧には、軍事目的や諜報目的で開発されたにもかかわらず、次第に法執行機関が市民をひそかに監視し有罪判決に導くために使用されるようになった監視装置の詳細が山のように記載されているとスケイヒルは語ります。

  • 元米海軍特殊部隊員のマシュー・ビソネットは、ウサマ・ビンラディン捕縛作戦に参加して彼を射殺し、この襲撃作戦について書いた本がベストセラーになりました。その後、保管していたビンラディンの遺体の写真を引き渡し、現役時代のエリート特殊部隊員の身分を利用して私益の増進を図った容疑で連邦当局による犯罪捜査の対象となっています。ビゾネットに関する暴露記事を書いた『インターセプト』の国家安全保障担当記者マシュー・コールに話をききます。米政府は、国家安全保障上の理由を掲げてビンラディンの遺体写真を公表しないように努めてきました。

  • マ シュー・コール記者が『インターセプト』に寄稿した記事"The Pentagon’s Missionary Spies: U.S. Military Used Christian NGO as Front for North Korea Espionage"(米国防省の伝道師スパイ:北朝鮮でのスパイ活動のためキリスト教NGOを隠れみのに使った米軍)について話します。かつて国防省のスパイだったケイ・ヒラミネによって、極秘の国防総省プログラムを通して設立された非政府組織「人道的国際奉仕団」(Humanitarian International Services Group)のような団体を設立して、米軍は北朝鮮に潜入しようとしました。

Syndicate content