« 前  

2016年3月9日(水)

  次 »
  • 2016 年大統領選で最大の番狂わせとなったミシガン州予備選でバーモント州上院議員のバーニー・サンダースがヒラリー・クリントンに勝利しました。サンダースは 50 パーセント、クリントンは48 パーセントの票を獲得しました。今回の選挙戦でサンダースは、ミシガン州の製造業を直撃した北米自由貿易協定(NAFTA)などの「壊滅的な」貿易協定に反対する立場を強調しました。世論調査では、 20 パーセントに達する大差でクリントン候補が楽々、勝利を収めると予想されていました。サンダースを支持するコーネル・ウエスト教授と、クリントンを支持する著名な公民権運動活動家で労働組合オルガナイザーのドロレス・フエルタに話を聞きます。

  • 「黒人の命も大切 (Black Lives Matter)」の活動家達は 2016 年の大統領選で、人種平等と警察の暴行を重要な争点にする立役者となりました。しかし「黒人の命も大切」は、どの大統領候補も支持しないと表明しています。「黒人の命も大切」の活動家メリーナ・アブドゥラの話を聞きます。アブドゥラは、「投票に行くなと言ってるのではありません。どの大統領選候補者への支持も表明しないだけです。私達は、真の革命を進めており、革命は投票からは生まれないことはわかっています」と語ります。

  • 2016 年大統領選に関し、ドロレス・ウエルタ(ヒラリー・クリントン支持者)、コーネル・ウエスト(バーニー・サンダース支持者)、「黒人の命も大切」のメリーナ・アブドゥラの討論を続けます。両候補のイスラエルに対する姿勢、選挙資金、「スーパープレデター(超凶暴な野獣)」発言、通商政策などを論じます。

  • 8日の予備選で、ドナルド・トランプが 4 州中 3 州で勝利したことを受け、共和党ではトランプの大統領候補指名を阻止する取り組みが勢いを増しています。ハフィントン・ポストの記事によると、先週末、ジョージア州沖合にある個人所有のリゾート用の島でアメリカン・エンタープライズ研究所の年次「世界フォーラム」が開かれ、出席した共和党幹部と同党へのトップ資金提供者達が秘密会議を行いました。イベントにはアップル社 CEO のティム・クック、グーグル共同創立者ラリー・ペイジ、フェイスブックへの投資者ショーン・パーカーのほか、米連邦議会上院院内総務ミッチ・マコーネル、共和党の仕掛け人カール・ローブ、下院議長ポール・ライアンも参加しました。週末のリゾート地での主要議題は、いかにしてドナルド・トランプを阻止するか、でした。ハフィントン・ポストの上級企業編集委員のニック・バウマンに話を聞きます。

Syndicate content