« 前  

2015年9月29日(火)

  次 »
  • オバマ大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領は9月28日、ニューヨークで2年ぶりの首脳会談を開き、シリアとウクライナ情勢について話しました。オバマとプーチンは90分の会談の中で、戦闘で20万人以上が死亡し、数百万人が難民化しているシリアでの衝突を避けるために、両国の軍部が話し合いを持つことで合意しました。両国の大統領は9月28日に国連で演説し、プーチンはシリアのバッシャール・アル=アサド大統領への支援を主張する一方、オバマはシリアの危機を解決するためにロシアと協力する意向を示しました。しかし、複数の報道によると、米国は2012年、アサド政権と反対派の平和交渉開始後のある時点で、アサドを退任させるというロシアの申し出を無視しました。また、元フィンランド大統領でノーベル平和賞受賞のマルッティ・アハティサーリは、米国と英国とフランスがシリアの独裁者はもうすぐ失脚すると信じていたために欧米の列強は、2012年のこの提案を利用する機会を失ったと述べています。それ以来、さらに何万人もが死亡し、ISIL(イラクとレバントのイスラム国)の武装集団がシリアの広範囲を掌握しました。シリア危機と、オバマとプーチンの会談について、トリニティ・カレッジの国際学部教授で、インドの雑誌フロントライン(Frontline)のコラムニストであるヴィジャイ・プラシャドに話を聞きます。彼はArab Spring, Libyan Winter(『アラブの春、リビアの冬』)を含む、何冊かの本の著者でもあります。

  • インドのナレンドラ・モディ首相は9月28日国連総会で演説し、米国とインドの通商関係強化に重点的に取り組んだ7日間の米国滞在を終えました。100人を越える米国の学術関係者たちは、モディのシリコンバレー訪問に抗議する手紙を書き、大手技術企業に「人権と市民の自由、そして教育文化機関の自治への軽視が実証された」インド政府とビジネスをすることの危険性を警告しました。モディは首相に選出される前、長年にわたって米国に入国禁止になっていました。モディが州首相を務めたグジャラート州で起きた2002年の反イスラム教暴動で1000人以上が死亡した事件との関わりを問われたからです。彼は当時の行動を謝罪したことも説明したこともありません。今回の抗議の手紙に署名した、トリニティ・カレッジ教授のヴィジャイ・プラシャドと、2006年にライト・ライブリフッド賞を受賞したインド出身のダリット(不可触民)の活動家ルース・マノラマから話を聞きます。

  • インドには、以前は「アンタッチャブルズ」(untouchables)と呼ばれていたダリット(不可触民)が2億人います。インドの国家犯罪記録管理局によると、毎日4人のダリットの女性がレイプされ、 2人のダリットが殺され、2軒のダリットの家が放火されています。現在インドでは、カースト制に基づいた性暴力を終わらせようとする新しい全国運動「ダリット女性の自尊運動」(Dalit Women’s Self-Respect Movement)が進行中です。この運動は、近日公開予定のドキュメンタリー#Dalitwomenfight(『#ダリット女性の闘い』)の主題です。2006年に「ダリット女性の平等獲得への献身と、実効性の高い女性組織を作り上げ国内外で彼女たちの権利のために働いた数十年の功績」によってライト・ライブリフッド賞を受賞した有名なダリットの活動家ルース・マノラマから話を聞きます。

Syndicate content