« 前  

2015年9月23日(水)

  次 »
  • ローマ教皇フランシスコの歴史的な米国巡回の旅が始まりました。6日間の滞在中に、教皇は慈悲と質素を尊ぶメッセージを、世界でいちばん裕福で強力なこの国で説いて回るものとみられます。9月22日、ローマ法王のチャーター機が首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に着陸すると、オバマ大統領とジョー・バイデン副大統領は78歳の教皇を飛行場で出迎えて敬意を表しました。フランシスコ教皇がアメリカの土を踏むのは今回が初めてです。訪米中に教皇を一目でも見ようと多くの信者がワシントンD.C.に押し寄せました。世界12億人のカトリック教徒の最高指導者は本日、オバマ大統領と大統領執務室で45分間の公式会談を行う予定です。24日(木)には、歴代の教皇で初めて、上下両院合同会議で演説する予定です。25日(金)にはニューヨーク市の国連本部で総会演説を行い、その翌日はフィラデルフィアに向かい、150万人の参加が見込まれる屋外ミサを執り行います。訪米の直前に訪れたキューバでは、教皇は締めくくりに「自愛の革命」を呼びかけました。

  • 18世紀のスペイン人宣教師フニペロ・セラを列聖するというフランシスコ教皇の決断が、多くの先住民グループによる猛烈な抗議を引き起こしました。せラはカリフォルニアで現在の州の基礎となった21の伝道団のうちの9つを設立した人物です。宣教師たちの到着後、何十万もの人々が亡くなりました。歴史家のアルビン・ジョセフィーは、カリフォルニア州で起きたことは、「北アメリカ大陸において、すべての部族民に降りかかった、もしくは今後降りかかるであろう、ジェノサイドに近いものだった」と言います。アマ・ムツン部族代表のバレンティン・ロペスに話を聞きます。ロペスはフニペロ・セラを列聖するという教皇の決定に反対する運動を率いています。

  • ローマ法王の6日間の米国滞在が始まる中、多くの不法滞在者を含む100名の女性グループが法王を迎えるために、ペンシルベニア州ヨーク郡の拘置所から100マイルの距離を行進してワシントンに到着しました。この行進はアメリカ家事労働者同盟(the National Domestic Workers Alliance )と全米アジア太平洋アメリカ女性会議(the National Asian Pacific American Women’s Forum)の共同による全国的な運動で、ウィ・ビロング・トゥゲザー(We Belong Together)が主催しています。主催者は、この行進は家族は共にいるべきで、米国の移民政策によって離ればなれにされるべきではないというメッセージを伝えることが目的だと言っています。行進に参加したエズメラルダ・ドミンガに話を聞きます。ドミンガは骨肉種の回復期にあり、彼女の主要な保護者である夫のジーザスは不法滞在者です。

  • プエルトリコ人がブラック・パンサー党に倣って設立した先鋭的な運動組織ヤング・ローズ(the Young Lords)を振り返ります。1969年7月後半に、この組織は最初の活動として、スパニッシュ・ハーレムのゴミ収集を強化するようにニューヨーク市当局に要求しました。更に、地域社会計画のためにスペースの解放を求めて教会や病院を占拠して、国中の活動家たちを刺激しました。また、プエルトリコ島の独立、土地や機関に対する地域社会のコントロール、政治犯の解放、そしてベトナム、プエルトリコその他の地域からの米軍撤退に関して、全てのプエルトリコ人に民族自決を求めました。プエルトリコの文化や歴史に対する認識を広める極めて重要な役割も果たしました。1970年代半ばにグループは崩壊しましたが、その影響力は今日も続いています。ブロンクス美術館(The Bronx Museum of the Arts)はヤング・ローズに着目した"¡Presente! The Young Lords in New York"(展覧会: ニューヨークのザ・ヤング・ローズ) を企画し、ニューヨークにある3カ所の文化施設で展覧会を開催中です。本番組の共同ホストで、ヤング・ローズの初代教育大臣でもあるファン・ゴンザレスと、ブロンクス美術館主催"¡Presente! The Young Lords in New York"の共同学芸員ジョハナ・フェルナンデスに話を聞きます。

Syndicate content