« 前  

2015年9月21日(月)

  次 »
  • ローマ教皇フランシスコは20日、初となる米国訪問に先立ちキューバを訪れ、首都ハバナの革命広場で数十万人が参加する大規模なミサを行いました。アルゼンチン生れのフランシスコ教皇は初のラテンアメリカ出身の教皇です。教皇は米キューバの国交正常化に向けた秘密会談の仲介役を担ったことでキューバでは広く称賛され、教皇も「全世界に和解の模範を示した」として両国の緊張緩和を讃えました。教皇は説教の中で、コロンビア政府がキューバを舞台に3年越しで行っている革命軍との和平交渉にふれ、交渉の成功を呼びかけた以外は、直接的な政治的メッセージを述べることはありませんでした。教皇フランシスコは22日ワシントンに到着し、米国議会で演説した後、オバマ大統領との会見を行う予定です。教皇フランシスコのキューバ米国歴訪について、カルロス・アルスガライ・トレトとアンドレア・バルトリに話を聞きます。トレトは元キューバ外交官で元ハバナ大学教授です。バルトリは、シートン・ホール大学外交国際関係学部の学部長を務め、カトリックのリベラル派グループ「聖エジディオ共同体」の会員として国際情勢に取り組んでいます。

  • MSNBC放送で国内特派員を務めるジョイ・アン・リードがFracture: Barack Obama, the Clintons, and the Racial Divide(『フラクチャー バラク・オバマ、クリントン、人種格差』)を新しく刊行し、米国での人種間の歴史を考察、クリントン夫妻とオバマ大統領の関係を通して民主党の政治的変遷をたどりました。「民主党が過去50年間引きずってきた根本的問題は、ジョンソン大統領の遺産〔公民権の拡大〕をどうするのか、つまりそこから逃げ出すかどうかです。結局、民主党は逃げることにしたわけですが、その急先鋒が民主党を大幅に右寄りに導いたビル・クリントンでした。これは民主党指導者の多くが、あまりに多くの社会変革を受け入れたことが選挙に及ぼした影響とみなすものを是正する措置だったのでしょう」とリードは言います。リードはMSNBC放送の『ザ・リード・レポート』のホストでした。2008年の大統領選挙では、バラク・オバマ候補のフロリダ州選挙戦最終局面で報道補佐を務めました。

Syndicate content