« 前  

2014年11月14日(金)

  次 »
  • ラッセル・ブランドは長年イギリスで最も人気のあるコメディアンですが、過去12カ月でイギリスの政治的左翼の代表的な発言者としても活躍するようになってきました。彼は緊縮政策に反対する抗議行動に参加し、米国の「ウォール街を占拠せよ」抗議運動で演説し、ハッカー集団アノニマスと一緒にデモ行進をしたりしました。ドラッグ中毒を克服した経験から、ブランドはイギリスの薬物法に対する批判でも中心的な存在となっています。こうした批評活動をさらに敷衍した新著が出版されました。書名はRevolution(『革命』)です。

Syndicate content