« 前  

2014年4月23日(水)

  次 »
  • 米国最高裁判所がミシガン州のアファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)の禁止を支持しました。歴史的なブラウン対教育委員会判決から60年、アメリカの公立学校ではいまだに人種差別がまん延しています。本日はその状況を検証します。プロプブリカの最新の衝撃的な報道によると、学校での人種的統合は全面的に行われたことはなく、ここ数十年の間に状況は逆転した可能性があると伝えています。このレポートはアラバマ州タスカルーサの町の3世代にわたる同じ家族に焦点を当て、「今日の人種差別は60年前とは異なるかもしれないが、それが悪質なものであることに変わりはない。タスカルーサや他の地域でも、貧しい黒人やラテン系アメリカ人の生徒を排除し隔離しようとする傾向がある。今日タスカルーサでは、ほぼ3人に1人の黒人学生が、まるでブラウン対教育委員会判決がなかったかのような人種差別的学校に通っている」と結論づけています。本日はプロプブリカの調査報道記者ニコール・ハナ=ジョーンズに話を聞きますす。彼女はプロプブリカの新しいシリーズSegregation Now: Investigating America:s Racial Divide (『人種差別ナウ:アメリカの人種的分離を調査する』)を担当しており、最新のレポートは、The Resegregation of America's Schools (アメリカの学校の人種差別復活) です。

  • 環境ジャーナリストのダン・フェイガンを招き、一般ノンフィクション部門でピューリッツァー賞を受賞したばかりの著書、Toms River: A Story of Science and Salvation (『トムス・リバー:科学と救済の物語』)について話を聞きます。この著書でフェイガンは、ニュージャージー州の小さい町が産業公害と桁外れの小児癌発症率にどうやって挑んで行ったかを書いています。彼らは訴訟を起こし、最終的には米国歴史上最も高額な一つとなった和解金を勝ち取りました。フェイガンは地域、州、連邦の政府機関が収集した環境や産業データを調査・分析しなかったことを指摘します「我々はあるパターンがあることを追求せず、分析もしません。それがこのすさまじい惨事を生んだのです」。そして「この国では、公衆衛生の監視がしっかり出来ていないため、多くの人々が亡くなっているのです」と言います。

Syndicate content