« 前  

2014年1月2日(木)

  次 »
  • 1月1日、ニューヨーク市長に就任したビル・デブラシオは、米国最大の市の所得格差に取り組むという力強い宣言を行いました。デブラシオの宣誓就任は、2003年に行われた民主党予備選と進歩的政策を掲げて戦った総選挙での歴史的勝利の結果としてあります。就任演説でデブラシオは、彼の選挙公約であった、富裕層と貧困層の間に広がる格差、これを彼は「二都物語」と呼んでいますが、の是正に焦点を当てました。「将来、ニューヨーク市民はこの街を1%のための独占地域ではなく、普通の人々が暮らし、働き、子どもを育てられる場所と考えるようになるでしょう。後回しにはしません。すぐに取り組みます。」とデブラシオは語りました。

  • 歌手、俳優で公民権運動家のハリー・ベラフォンテは、1月1日のビル・デブラシオ、ニューヨーク新市長就任式で開会演説を行いました。「路上尋問(Stop-and-Frisk)法改正は重要ですが、同法の改正は、ディケンズの小説に出てくるようなこの街の時代遅れの司法制度改革における氷山の一角でしかありません」とベラフォンテは語りました。「ビル・デブラシオには、長い間絶望に躍らされてきた多くの人々がアメリカン・ドリームは叶うと再び信るようにする、という非常に大きな仕事が託されています。希望に満ちた夢、チャンスと正義に満ちた夢のために。……ビル・デブラシオはニューヨーク市に、可能性の扉を開く機会をもたらすでしょう。私たちニューヨー市民は彼を失敗させるわけにはいかないのです。」

  • 1月1日、ニューヨーク市の新市政監査官に、レティシア・ジェームズが就任しました。彼女の前任者は新市長のビル・デブラシオです。ジェームズは、アフリカ系アメリカ人女性としてはじめて、ニューヨーク市政府の職に選出されました。就任演説でジェームズ新市政監査官は、デブラシオの前任者、マイケル・ブルームバーグの元で広がった「金メッキで飾られた格差時代」を非難。ジェームズ新市政監査官の就任式では、先日ニューヨーク・タイムズ紙にも取り上げられた、11歳のホームレス少女ダサニ・コーツが聖書を掲げました。

  • 1月1日、ビル・デブラシオ新市長就任式では、ニューヨーク市の2014年青年桂冠詩人のラムヤ・ラマナが、新市長に捧げるニューヨーク・シティと題された詩を詠みました。ラマナは青年活動家で、セント・ジョンズ大学の1年生です。

  • 公民権運動弁護士のリン・スチュワートが、連邦判事による情状酌量による釈放を命じられ、刑務所より自宅へと帰宅しました。74歳のスチュワートは末期の乳癌で死期が近づいています。支持者によって政治犯だとされるスチュワートは、依頼人だった「盲目のシーク」として知られるエジプトの聖職者オマール・アブデル=ラーマンの代理人として報道発表を配布した罪で言い渡された禁固10年の刑のうち、4年近くを務めました。スチュワートは1月1日、歓声を上げる支持者グループに迎えられニューヨーク市に到着しました。デモクラシー・ナウ! のエイミー・グッドマンとレネー・フェルツが飛行場で到着を現場取材し、スチュワートに受刑中の経験と、自由になった今、いかに政治犯のために戦い続けるか、そしていかに自分の命のために闘うのかを聞きました。

Syndicate content