« 前  

2013年11月14日(木)

  次 »
  • ウィキリークスは、米史上最大の貿易協定となる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の一部となる予定の秘密文書の内容を公開しました。ここ数年、米国と環太平洋地域の12の国は、この包括的な合意を巡る交渉を密室で行ってきました。13日にウィキリークスが発表した、95ページのTPP草案の一章には、特許、著作権、商標、工業意匠に関連する合意の詳細が記されています。そしてこれらの事項がインターネット・サービス、市民の自由権、出版権から医薬品の入手しやすさなど、さらに広範囲の事項と関連していることも言及されています。反対派は同協定は知的財産権、製品の安全管理や、環境規制についての米国の法律を書き変える可能性があると言い、一方支持派は雇用創出と景気の後押しになるとしています。オバマ大統領とマイケル・フロマン米通商代表は、今年末までにTPPの最終案をまとめたい考えだといわれており、大統領に「特急権限」と呼ばれるものを与える法案を迅速に通過させるよう議会に圧力をかけています。11月第3週、下院の民主党議員151名と、共和党議員23名は、大統領が「外交を隠れ蓑に法を作る」勝手を許すつもりはないと、オバマ政権に対し書簡を送りました。TPPについて、ケイトー研究所(Cato Institute)の政策アナリスト、ビル・ワトソンと、「パブリックシチズン」(Public Citizen)の「グローバル貿易ウォッチ」プログラム代表ロリ・ウォラックに議論してもらいます。

  • 米軍内で起きた性的暴力についての訴えへの対処に関して、米上院は全面的な変更を近く採決する予定です。ニューヨーク選出の民主党のキルステン・ジルブラント上院議員は、民主38人、共和8人の、合計46人の上院議員が、性的暴力事件を裁判にかけるかの決定権を、軍内の指揮系統から外し、独立した軍事検察官に委ねるという提案を支持していると語りました。11月第2週、米国防総省は、2012年度の軍内の性的暴力事件が46パーセンのト増加だったことを発表しました。前年の同期間の届出が約2400件たっだのに対して、2012年10月から2013年6月までに合計3500件以上の性的暴力事件の届出がありました。同省当局者は増加の理由を、事件を公表する被害者の数が増えたためとしています。しかし階級に支配される軍内では、数多くの性的暴力事件が未だ未届けに終ります。最近の調査によれば、2011年だけで推定2万6000名が性的暴力の被害にあいました。アカデミー賞にもノミネートされた映画The Invisible War(『見えない戦争』)のプロデューサー、エイミー・ジーリングに話を聞きます。同作は米軍内の様々な組織で暴行を受けた退役軍人の経験をインタビューしています。

  • メキシコの麻薬戦争と、数千人の誘拐、拷問、消息不明、殺害事件の責任を追及する動きを見ていきます。最近秘密文書指定を解かれた在メキシコ米大使館と領事館からの公電によって、麻薬カルテルがここ数年「法の手がほぼ入ることなく」活動してきたことが明らかになりました。多くの場合、これら麻薬組織は政府当局と地域社会を牛耳り、思いのままに誘拐や殺害を行っています。一方ヒューマン・ライツ・ウォッチは、メキシコの治安部隊が「対麻薬戦争」の一部と称して暴力による失踪に関与してきたこと、そしてその関与を隠蔽しようとしていることを突き止めました。メキシコで、人権を侵害された人々の保護とその侵害を行った者への責任追及の戦いを先導している、シスター・コンスエロ・モラレスに話を聞きます。1992年、シスター・モラレスは「人権を守る市民の会」(Citizens in Support of Human Rights)の設立に協力しました。この団体は麻薬カルテルとメキシコの治安部隊による人権侵害を記録することを先頭に立って行い、被害者を支援してきました。シスター・モラレスは先日、ヒューマン・ライツ・ウォッチより活動の功績を認められ2013年度アリソン・デ・フォージュ賞を授けられました。ヒューマン・ライツ・ウォッチのアメリカ大陸担当上級研究員で、報告書Mexico’s Disappeared: The Enduring Cost of a Crisis Ignored(『メキシコの姿を消した人々:無視される危機の長期的代価』)を共同執筆したニック・スタインバーグにも話を聞きます。

Syndicate content