« 前  

2013年9月11日(水)

  次 »
  • 10日夜、オバマ大統領はホワイトハウスから全米に向けて演説を行い、シリアが保有する化学兵器の引き渡しと破壊を国際機関で監視するという、ロシアが提案した外交的努力の行方を見守る間は、シリア攻撃を先送りすると発表しました。しかし、その計画が失敗したときにはシリアに武力行使をするという脅しを続けているのです。このオバマ演説への感想をマサチューセッツ工科大学名誉教授で世界に名高い反体制主義者の言語学者ノーム・チョムスキーから聞きます。「ロシアの提案はオバマにとっては棚からぼた餅です」とチョムスキーは言います。「このまま進めば深刻な失策となるところを助けられたのですから。シリア攻撃に対する国際的な支持はまったく得られないままでしたし、米議会も支持しないと見込まれていました。つまり、オバマはまったくの窮地に立つところだったのに、抜け道が見つかったのです。しかも軍事力の脅しはかけたままでいることができる。ただし、他国に脅かしをかけることは国際法上の犯罪なのです。忘れてはならないのは国連憲章の核心的原則は軍事力の脅かしおよび行使を禁止しています。ですから、彼のしていることはそもそも犯罪です。にも関わらず彼はそれにこだわり続けるのです」

  • 世界に名だたる政治的反体制主義者で言語学者、作家のノーム・チョムスキーが2001年9月11日の攻撃から12年目を迎えたことについて語ります。またどうしてシリアの内戦が同国を永遠に分裂させる運命にあるように見えるのかについても話します。「(9.11は)じつに重大な意味を持った大規模なテロ行為でした。数千人の人々が殺されたのです」とチョムスキーは言います。「米国領土が攻撃されたのは1812年の米英戦争(第2次独立戦争)以来のことでした。米国は、それまで並外れた安全保障を築いてきました。したがってこれは、実にひどい残虐行為であったとともに、実に重大な歴史的出来事だったのです。そしてこれが米国の態度と政治とを大きく変えました。その出来事への対応として、政府は法律を曲げて市民の自由を抑制することができるようになりました。また(9・11は)アフガニスタン侵攻、イラク侵攻、そしてイラク破壊の口実にもなりましたし、そのせいで同地域一帯が取り返しのつかない状態になりました。それがオバマの大規模なテロへの戦争、無人機戦争、現在進行中のおそらく史上最も激しいテロリスト掃討作戦の基本です。そしてそれを正当化する基盤も同じです。つまり第2の9.11、2001年9月11日の蒸し返しです。ですから、そう、9.11は社会に、態度に、政治に、甚大な影響を与えています。世界中の多くの犠牲者たちがそれを証言できるでしょう」。チョムスキーは、シリアは「飛び込み自殺しようとしている」と言います。「交渉が失敗したらシリアはとんでもなく血みどろの分裂へと向かうでしょう」

Syndicate content