« 前  

2013年7月15日(月)

  次 »
  • トレイボン・マーティンに発砲して死なせたとして第2級謀殺罪と故殺罪に問われたジョージ・ジマーマン被告の裁判で、フロリダ州の陪審団は無罪評決を出しました。これを受けて今週末、全米各地でデモが行われました。自警団員のジマーマンは2012年2月26日の夜、フロリダ州サンフォードのゲーテッドコミュニティ内で、最寄の商店でお菓子を購入後、父親の家に戻る途中だった非武装のアフリカ系アメリカ人マーティンを射殺しました。警察の報告書は、「遭遇時、トレイボン・マーティンが犯罪行為に関与していたことを示す証拠はなかった」としています。本日はニューヨークのユニオン・スクエアに数千人規模で集まり、タイムズ・スクエアを経由してハーレムまで何時間にもわたり行進したデモの参加者の声を聞きます。

  • フロリダ州陪審団がトレイボン・マーティン殺害でジョージ・ジマーマンに無罪評決を出したことを受けて、公民権団体は、ジマーマンを公民権侵害で訴追するよう米司法省に要求しています。全米黒人地位向上協会(NAACP)によって集められた嘆願書の署名は、ジマーマンに無罪評決が下された直後の数時間で22万5000件にまでのぼり、一時的に団体のホームページがダウンしました。司法省は14日、連邦当局による続行中の調査と州裁判から得られた証拠を評価しているところだと述べました。レインボー・プッシュ連合(Rainbow PUSH Coalition)のジェシー・ジャクソン師と、マーティンの死後結成フロリダで結成された有色人種の青年連合、ドリーム・ディフェンダーズ代表のフィリップ・アグニューに話を聞きます。彼らは、7月16日にフロリダ州の州都タラハシーで抗議行動「奪取の火曜日(TakeoverTuesday)」を行うことを呼びかけています。「ジョージ・ジマーマンを育て、トレイボン・マーティンを殺害した状況を作り出した環境を見ていく必要があると思います。実は、我々の社会は、若者を、特に有色人種の若者を怖がるように作られているのです」とアグニューは語ります。

  • 右翼秘密団体の米国立法交流評議会(American Legislative Exchange Council:ALEC)は、ジョージ・ジマーマンをトレイボン・マーティン殺害での起訴から当初は守り、その後公判で陪審員説示に使われたフロリダ州の「スタンド・ユア・グラウンド(正当防衛)」法のような銃支持の州法を推進するため、資金と影響力のネットワークを使ってきました。ALECとスタンド・ユア・グラウンド法についてメディアと民主主義センター(Center for Media and Democracy)代表で PRWatch.orgとALECExposed.orgの発行者、リサ・グレイブスに話を聞きます。彼女はクリントン政権時に司法副次官補を務め、銃規制政策に携わっていました。「有名な格言『スタンド・ユア・グラウンド(一歩も退くな)』はこの裁判には関係ないはずが、実際は関係があったのです」とグレイブスは話します。「陪審員への説示は、ジマーマンには撤退する義務はなく、退かない権利があり、死にいたるような武力を含め、武力に武力で立ち向かう権利があるというものでした。これらの陪審員説示はスタンド・ユア・グラウンド法が組み込まれたものです」。またグレイブスは、ジマーマンに対する民事訴訟を起こそうとするマーティンの遺族の努力をスタンド・ユア・グラウンド法が脅かす恐れがあることを付け加えました。「 (同法は)もし民事裁判で、ジョージ・ジマーマンに一歩も退かない権利があることから免責が認められ、死なせたことが実質的に正当化される判決が下された場合、射殺された被害者の遺族は発砲した側に弁護士費用と労賃の損失分を支払わなければいけないとしています。基本的にNRAとALECは、銃発砲者側に有利になるように司法の基準を定めているのです」

Syndicate content