« 前  

2013年7月9日(火)

  次 »
  • エドワード・スノーデンの新たに公開されたインタビューは、6月のあたまに彼が正体を明かす前に収録されたものですが、その中でスノーデンは、米国が世界をいかに監視しているかを暴露することに自らの人生をささげた理由を語っています。スノーデンは、彼の内部告発によって明らかになる最大の新事実は、国家安全保障局(NSA)が海外の通信だけを標的にしていると主張しているにもかかわらず、実際は米国を出入りする全ての通信を収集していることだと思うと述べています。スノーデンはさらに、米国の敵をほう助したとして米政府が彼を悪者扱いし非難するであろうことを予測しています。ジャーナリストのローラ・ポイトラスがこのインタビューの模様を撮影し、ガーディアン紙のコラムニスト、グレン・グリーンウォルドが質問をしました。「米国は根本的には良い国です」と、スノーデンは言います。「米国には正しいことを行おうとする、良い価値観を持った善良な人々がいます。しかし、今存在している権力構造は、全ての人々の自由を犠牲にして、自らの可能性を拡大するという自らの目的にために動いているのです。」

  • 7月8日のインタビューの第二弾として、ガーディアン紙のコラムニスト、グレン・グリーンウォルドに国家安全保障局(NSA)の内部告白者エドワード・スノーデンと7月1週目の週末に交わした会話について詳細を聞きます。グリーンウォルドは、スノーデンが6月に香港を離れて以来初めて、彼と長時間にわたって話をしたと言います。「新事実の暴露と、彼の行動をきっかけに起こった世界中の監視政策をめぐる議論が続いているという点で、彼は先週からの展開に喜んでいます。世界中から支援を受けているという点についても喜んでいます」と、グリーンウォルドは言います。「彼が唯一恐れていたのは、こうした暴露を可能にするために自らの人生を犠牲にし、自分を巨大な危険にさらした結果、世界がそれに無関心や興味のない態度を示すことでした。」スノーデンが内部告発者になることを選んだ理由について、グリーンウォルドは次のように言います。「彼は、米政府は世界で最も素晴らしい政府だと思うようなったからこそ、米政府の政策を支援するために働き、自らのキャリアを捧げたかったのです。しかし、時間が経つにつれて、彼はだんだんといろんな種類のことを目にするようになり、米政府に対して批判的になっていきました。同じような志を持って米軍に入り、次第に米軍を悪の力を見なすようになったブラッドリー・マニングのように。それが、スノーデンに起きた変化の過程なのです。」

  • 米国による中南米での監視活動の新事実が明らかになり、エドワードスノーデンの亡命をめぐる外交関係の緊張が続く中、エクアドルのリカルド・パティニョ外相に話を聞きます。スノーデンに初めは一時的な渡航許可を出しながら、後にこれを“間違い”としたエクアドルの、スノーデンの亡命申請とのつながりをめぐる混乱について、首都キトからパティニョに話を聞きます。この外交劇の一部としてスノーデンが搭乗しているという噂を受けて、ボリビアのエボ・モラレス大統領を乗せた航空機がオーストリアで強制的に着陸させられたことについても意見を聞きます。また、ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジをめぐる、こう着状態を解決するためのエクアドルの取り組みについて、最新情報を聞きます。アサンジは、政治亡命を許可されながらも英政府がエクアドルへの出国を許可しないため、ロンドンのエクアドル大使館に足止めされています。

Syndicate content