« 前  

2013年5月29日(水)

  次 »
  • ハッキング活動家団体アノニマスのジェレミー・ハモンドが、民間諜報会社ストラトフォーやFBI、その他の機関をハッキングした罪を認めました。ハモンドは自分の目的は政府や企業が密室で行っていることに光を当てることだったと言います。彼の活動でストラトフォー社の約500万通のEメールが最終的に内部告発サイト、ウィキリークスに掲載され、この民間諜報企業がどのように活動家たちを監視し、自らの顧客のためにスパイ活動を行っていたかが明らかになりました。ハモンドは自身の声明の中で、彼が司法取引に応じて罪を認めたのは、禁固30年を求刑しかねない過度の追訴を避けるためだったとしています。彼はすでに15カ月間勾留されており、独房にも数週にわたって監禁されています。ロンドンのエクアドル大使館に身をよせているウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジに話を聞きます。アサンジは、ハモンドの訴追は「有力な政治活動家や報道の情報源とされる者たちへの」より広範な弾圧の一部だと話します。

  • 米政府の大量の極秘文書をウィキリークスへ公開したブラッドリー・マニング陸軍上等兵の裁判が来週6月3日にも始まります。マニングは「公になって然るべき」だと感じていたという極秘文書などを不当に使用した罪は既に認めていますが、より重い罪である敵対勢力のほう助に関しては否認しています。現在ロンドンのエクアドル大使館に保護されているウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジはマニングの裁判を「人々がジャーナリストと話をしたり、公の場で発言することを怖がるように仕向けるための「裁判ショー」だと言います。アサンジはいまもスウェーデン送還を避け続けていますが、その法的立場に関しても話します。彼はスウェーデンに戻れば、そこから米国に送還され、すでに大陪審が秘密裏に彼を告発しているとされている米国で、マニングが漏洩した外交通信文書を公開した罪で自らが起訴されるのを恐れているのです。 

  • ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジは性的暴行と強姦の告発容疑を捜査したいとするスウェーデンへの送還を避けるためにいまもエクアドル大使館に避難中です。スウェーデンが彼を米国に引き渡すことを恐れているのです。28日、エクアドルの外相が英国政府に対し、アサンジがエクアドルに行くことを認めないのはアサンジの権利を踏みにじるものだとして非難しました。エクアドルはすでに1年近く前にアサンジの同国への政治亡命を認めているのです。同大使館からアサンジに、世界最大の金融企業数社の関係する通貨取引禁止やウィキリークスに関するハリウッドの新作ドキュメンタリー映画 We Steal Secrets(『我々は秘密を盗む』)まで、彼が「ウィキリークスに対する全面攻撃」と呼ぶ件に関して話を聞きます。彼はまた、2011年6月に彼とグーグルCEOエリック・シュミットと間で行われた会談に関しても話します。この会談はあまり知られていませんが、その録音の一部も放送します。アサンジとのインタビューの拡大版も後ほど放送予定です。

Syndicate content