« 前  

2013年2月22日(金)

  次 »
  • 2001年9月11日、スチュアート・カウチ中佐は友人を亡くしました。その友人は世界貿易センターに激突した二機目の飛行機の副操縦士だったのです。それから間もなく、カウチはこのテロ計画を遂行したとされる男たちを訴追するために、グァンタナモ湾の米軍基地に最初に派遣された軍検察官の1人となりました。しかし結局のところ、彼は被拘束者の一人モハメドウ・オウルド・スラヒの訴追を拒むことになりました。「スラヒに対して行われてきたことが拷問同然であったことが明らかになったからです」とカウチは言います。「具体的に言えば、彼は模擬処刑をされたり、視覚、聴覚、触覚など外部からの刺激を遮断された感覚遮断を体験させられました。また環境操作も受けました。これは独房を極端に寒くしたり暑くしたりすることです……さらに米国が彼の母親と兄弟を拘束しグァンタナモに移送中であるという嘘の証拠まで突きつけられたのです」。カウチはこのスラヒへの取り扱いを不法な拷問であると結論づけました。「我々は彼から情報を引き出すために故意に彼を精神的な虐待状態に陥れていたというのが私の結論でした」とカウチは言います。「彼の有罪を決定づける証拠として我々が提示できるものには、重大な問題がある可能性があります」

  • ウォールストリート・ジャーナルの記者ジェス・ブレイブンは異論の多いグァンタナモの特別軍事法廷(millitary commissions) について記事を書いています。彼はこの軍事法廷を「ここ数十年における最も重要な司法関連のストーリー」と呼び、ブッシュ政権が9.11攻撃後に海外で捕捉した者たちを裁くため、全く別の司法制度を素早く作り上げたことを明らかにしています。やがて拷問によって入手した証拠は囚人たちを訴追するために使われましたが、軍当局の何人かは、そうすることを拒みました。The Terror Courts : Rough Justice at Guantanamo Bay(『テロ法廷;グァンタナモ基地での手荒な正義』)という本を書いたジェス・ブレイブンと、この本で中心的に描かれている元グァンタナモ軍検察官スチュアート・カウチ中佐に話を聞きます。

Syndicate content