« 前  

2013年2月13日(水)

  次 »
  • 本日はオバマ大統領の一般教書演説についての特集をお送りします。まずは銃規制強化についてです。大統領は議会に、身元調査の拡大や攻撃用武器販売禁止を含めた銃規制強化法案を採決するよう求めました。銃ロビー団体から多大な恩恵を受けている議会が、大統領の政策を是認する可能性は非常に低いと見られる中、本日は暴力の根源への取り組みを含む広範囲な政策を訴える2人のゲストをお招きしました。「我々は大統領がもっと広範囲の議論をするのを待っています。つまり銃による暴力を引き起こす真の要因についての議論です」と語るのは、シカゴ大学政治学部教授で「黒人の若者のためのプロジェクト」(Black Youth Project)を設立したキャシー・コーエン教授です。同プロジェクトは、15歳のハイディヤ・ペンドルトンが殺害された後、蔓延する銃暴力への対策についてシカゴに戻って演説するよう大統領に要請する嘆願書への署名を集め始めました。2月15日にシカゴで行われることになったこの演説では、大統領に「若者が直面する失業問題や、不十分な学校教育、若者の拘束に関する問題多き政策、自宅周辺で若者が目にする暴力や失業から来るトラウマについて話してほしい。このような真の問題について議論しない限り、若者の生活を取り巻く暴力の芽を摘み、それに対処する対策へと前進することはできないのです」とコーヘン教授は言います。シンクタンク、デモス(Demos)の特別シニア・フェローでニューヨーク・タイムズ元論説コラムニストのボブ・ハーバートは「我が国の銃と暴力の文化を変え始めることが出来れば、我々はいくらか前進することが出来るでしょう」と言います。

  • オバマ大統領の一般教書演説は中間層の再活性化を求ることから始まり、ねじれ議会となり分裂を起こしている議会に対し、雇用創出を目的とした自身の経済政策案を支援するよう要請しました。シンクタンク「デモス」(Demos)の特別シニア・フェローのボブ・ハーバートと、シカゴ大学政政治学部教授で「黒人の若者のためのプロジェクト」(Black Youth Project)を設立したキャシー・コーエン教授に話を聞きます。「不況後、米国人の平均収入が下がっています」とハーバートは言います。「貧困は広がっており、公式には5000万人近くの人々が貧困層とされ、更に同数の人々が貧困に近い状況となっています。これは米国の全人口の3分の1に近い数です。このような巨大な問題に対応するには、巨大な投資が不可欠なのです」

  • オバマ大統領はアフガニスタンから新たに3万4千の兵を引き上げる計画を発表しましたが、ベテラン平和活動家キャシー・ケリーは、だからと言ってアフガニスタンでの戦争が終結するわけではないと警告します。アフガニスタンを先日訪問したばかりのケリーは、かつてはブラックウォーターとして知られていた企業が、カブールのすぐ郊外にある、特殊作戦共同機動部隊の拠点を運営していると証言します。2月11日には米空軍による攻撃で、10名のアフガン市民が殺害されました。ターゲットとなったのはNATO駐留軍が「タリバンの隠れ場所」と疑うクナール地方の村です。「創造力ある非暴力を求める会」(Voices for Creative Nonviolence)の共同コーディネーターを務めるケリーは、米史上最長となったこの戦争で、これからもアフガン市民が犠牲となりつづけるだろうと警告します。

  • 現在米国に滞在している1100万人もの在留資格の無い移民の窮状への対応について、オバマ大統領は一般教書演説で、包括的な移民制度改正法案の利点を強調しました。大統領は議会に対し同法案を可決し、数ヶ月内に彼が署名できるよう促しました。大統領が演説では触れなかった、記録的人数の強制退去について、ネイション誌で移民と人種問題について報道するオーラ・ボガド記者に話しを聞きます。

Syndicate content