« 前  

2013年2月1日(金)

  次 »
  • 民主党の元ニューヨーク市長エド・コッチが1日未明、逝去しました。88歳でした。1978年から89年までニューヨーク市長を3期にわたって務めたコッチは、市を財政破綻の瀬戸際から救った功績を広く認められていますが、デモクラシー・ナウ!の共同ホストであるフアン・ゴンザレスは、その成功が労働組合の犠牲の上に達成されたものでもあったと指摘します。若かりし頃のベトナム戦争反対運動から、アフリカ系市民やラティーノ市民との敵対関係、低所得者総向けの大規模な住宅プログラムの開始、さらにはニューヨーク市のHIVエイズ禍初期の政治的対応で批判を浴びるなど、ゴンザレスはコッチを毀誉褒貶の激しい人物だったと言います。また気骨のある立ち振る舞いでも知られており、そのために全米的な人気を得たり何度も政治的な論議を巻き起こしたりしました。「喧嘩っ早いニューヨーカーのスピリッツをいつも体現していたという感じですかね」とゴンザレスは言います。「彼の有名な台詞に『オレってどんな感じだ?うまくやってるかい』というやつがありますが、みんな、思うにいま彼の時代を振り返ってみれば『ああ、市長、あんた、かなりよくやったよ』と言うんじゃないでしょうか」

  • 2月第1週、 自身の人生に関する新作映画Long Distance Revolutionary(『遠く離れた革命』)がニューヨーク市内で封切られるのに合わせ、ムミア・アブ=ジャマールがデモクラシー・ナウ!に電話をかけてきて珍しい生インタビューが成立しました。死刑判決から29年、彼はいまペンシルベニア州マハノイの州立刑務所の一般棟に収監されています。「今、自分が囚人ではないと思っている人々の自由とはどの程度のものですか?みなさんのコンピューターは政府の誰かに読まれているし、手紙も電話も傍受されています」とムミア・アブ=ジャマールは言います。「私たちはいま警備国家に暮らしているのです。そこで米国はいま急速に世界最大の野外刑務所になりつつある。私たちは自由を語ることができ、また合衆国も自由語ってきた長く卓越した歴史を持っている。しかし私たちはその自由を例証してきたのでしょうか?その答えは実に明快だと思います。してこなかったのです。」1982年、ムミアはフィラデルフィア市警の警官ダニエル・フォークナー殺害の罪で死刑を宣告されました。2011年、控訴審は彼の有罪は維持しながらも死刑判決は取り消しました。陪審団への説示に混乱させるものがあったというのが理由でした。

  • 2月1日、新作ドキュメンタリー Long Distance Revolutionary : A Journey with Mumia Abu-Jamal(『遠く離れた革命:ムミア・アブ=ジャマールとともの旅路』)が、ニューヨーク市で初日を迎えます。この映画から抜粋を放送し台本、製作、監督のスティーブ・ビットリアと、長年にわたり何度もアブ=ジャマールにインタビューをしてきたプリゾン・ラジオのノエル・ハンラハンに話を聞きます。映画には女優ルビー・ディーや記者のタリク・アリ、作家ミシェル・アレクサンダーらムミアの支援者たちの多くが登場します。

  • 3日の日曜にはスーパーボウルが開催されますが、脳震盪と脳損傷の関連性を示す証拠が数々と持ち上がる中、フットボールの安全性が多く問題視されるようになっています。オバマ大統領も最近この問題を重視して「もし息子がいたならフットボールをやらせてよいものかじっくり真剣に考えていただろう」と発言しています。元プロレスラーでスポーツレガシー研究所の共同創設者クリス・ノウィンスキに話を聞きます。彼はまた脳震盪の影響を研究するために140人以上のスポーツ選手や軍隊経験者の脳を学術貯蔵しているボストン大学外傷性脳疾患研究センターの共同所長でもあります。彼の著書 Head Games : Football’s Concussion Crisis(『ヘッド・ゲームズ:フットボールによる脳震盪の危険性』)に、新作ドキュメンタリーが焦点を当てています。

Syndicate content