« 前  

2012年11月27日(火)

  次 »
  • バングラデシュ政府は、米小売大手ウォルマートなどに製品を供給していた工場の火災で死亡した、120人以上の衣料労働者に対し、国として喪に服すことを宣言しました。バングラデシュから労働活動家のカルポナ・アクターに話を聞きます。彼女は火災工場を訪ね、そこで見つけた焼けた衣類のラベルの写真を撮りました。その中にはフェイディド・グローリー(Faded Glory)というウォルマートのブランドも含まれています。アクターは、12歳のときに衣料品工場で働き始めました。彼女は現在、より良い賃金、団結権の承認、より高い安全基準を求めて活動を行っています。世界中の工場の職場環境を調査する労働者権利組合(Worker Rights Consortium)代表のスコット・ノバからも話を聞きます。1911年に起きたニューヨーク市のトライアングル・シャツウエスト工場火災を引き合いに出し、彼は今回の火災を次のように表現します。「皮肉な意味で、ものすごごいことをやってのけたもんです。米国の衣料産業は、労働者にとって非常に過酷で残酷だった20世紀初頭の労働状況を、2012年の今、バングラデシュのような場所にある工場で再現することができたんですから。米国の衣料産業にとって、恥ずべき記録です・・・。今回のおぞましい出来事で、大手ブランドや小売業者に労働条件の本当の改革を促す国際的な圧力を引き起こすことができればいいと思います。」アクターは、消費者らに直接こう語りかけます。「消費者は大きな役割を果たすことができます。なぜなら、彼らは消費財流通システムの中で、最強の存在だからです」。

  • 本日は残りの時間を使って、米国および世界中で、女性の権利を求めて休むことなく闘っているイヴ・エンスラーに話を聞きます。彼女の新作劇Emotional Creature(『感情的な生き物』)は現在、ニューヨーク市で上演中です。エンスラーは受賞歴のある脚本家で、、『ヴァギナ・モノローグ』と、女性と少女に対する暴力の根絶を呼び掛ける世界的な運動「Vデー」(V-Day)の発起人でもあります。彼女の新しい運動は「 立ち上がる10億人」(One Billion Rising)といいます。エンスラーは11月27日、ローラ・フランダースが司会をするシンポジウム「アメリカ女性合衆国」(The State of Female America)でスピーチする予定です。「立ち上がる10億人運動で私たちが取り組み、実現しようとしていることの一つは、女性たちが家庭や街頭、職場それぞれで受ける暴力の関連性を探ることです」と、エンスラーは言います。

Syndicate content