« 前  

2012年11月16日(金)

  次 »
  • イスラエルがガザ地区に対する空爆による猛攻撃を続けており、すぐにも地上からの侵攻が始まるのではないかとの懸念が募っています。イスラエル軍の戦車、装甲兵員輸送車が現在、パレスチナ領近くに集結しています。本日早くの時点でガザ市では45分間に85発のミサイルが打ち込まれ黒い煙柱が立ち上りました。今回の軍事衝突で少なくとも21人のパレスチナ市民が死亡し、イスラエル側にも15日に3人の死者が出ました。イスラエルの発表では夜間を通じて150回の爆撃が行われ、パレスチナ側は十数発のロケット弾でイスラエル側に反撃しました。イスラエルは3万人の予備役兵を招集し始めており、攻撃はすぐにも拡大する可能性があります。BBCのアラブ人ジャーナリスト、ジハド・ミシャラウィの生後11カ月の子息もイスラエルの軍事攻撃の犠牲者です。エジプトのヒシャム・カンディル首相が本日ガザに向かい、イスラエルの攻撃を厳しく非難しています。ラファフからパレスチナ人ジャーナリスト、ムハメド・オマールが詳細をリポートします。「ここで取り上げるべきポイントはガザ地区の人道的状況です。イスラエルはガザの市民を標的にして、まさに金魚鉢のように隠れ場のないところで射撃しているのです。ガザには遮蔽がなく、一般市民には逃げるところがない。ガザはひどく恐ろしい状況の中にあります」。イスラエル/パレスチナ調査情報センターの創設者ガーション・バスキンにも話を聞きます。イスラエル兵ギラド・シャリトの釈放のためにイスラエルとハマス間の秘密交渉を取り持った人物です。

  • イスラエルは14日、非公式の停戦協定を破って、ハマスの軍指令官アフメド・ジャバリを空爆によって暗殺しました。イスラエル兵ギラド・シャリトの釈放のためのイスラエルとハマス間の秘密交渉を仲介したイスラエル人平和活動家ガーション・バスキンが、ジャバリが暗殺されたのは彼がイスラエルとの恒久的な停戦協定の草案を受け取った数時間後であることを明かしました。協定草案には停戦を維持するための仕組みについても書かれていました。エルサレムにつないでイスラエル/パレスチナ調査情報センターの創設者であるバスキンに話を聞きます。ガザを拠点にするパレスチナ人ジャーナリストモハメド・オマールにも話を聞きます。

  • アカデミー賞受賞映画監督オリバー・ストーンが歴史家ピーター・カズニックとチームを組んで米国のケーブル局ショータイム(Showtime)向けに10回シリーズの番組を制作することになりました。タイトルはOliver Stone’s Untold History of the United States(『オリバー・ストーンの、語られざる米国史』)。記録資料からの新発見や最近になって公開された公文書に依拠しながら日本への原爆投下から冷戦、共産主義の没落、そしてオバマ政権へとつながる米国史のすべての道のりを検証しています。全米の学校で教えられている歴史とは逆に、監督は広島・長崎への原爆投下は軍事的にも不要で道徳的にも弁解不可能だったことを知りました。番組はまた、第二次世界大戦でドイツを破ったのが突き詰めると米国ではなくソ連だったということを示唆するのです。さらに、冷戦を長期化させた責任の大部分もソ連ではなく米国にあると断言します。米国の大統領たちは、特に戦時には何度も合衆国憲法や国際法を踏みにじっており、核の脅威を繰り返し振りかざすことで世界を核戦争寸前まで近づけてきたことも指摘しています。シリーズ第一回はショータイムで12日に放送されました。番組とその書籍版についてストーンとカズニックに話を聞きます。

Syndicate content