« 前  

2012年9月20日(木)

  次 »
  • ミット・ロムニーが悪評を買うことになったビデオを公開したいきさつを、マザー・ジョーンズ誌のデビッド・コーン記者に聞きます。このビデオにはロムニーがフロリダでの富裕な寄付者との会合で、米国民の約47%は「政府に『依存』し、自分たちは『犠牲者』だと思い込んでいる。」「このような人々のことを心配するのは私の仕事ではない」と語っているのが、映されていました。ロムニーのこの発言に関しては共和党のあいだでも意見が割れており、このまま主張を貫くべきだとする声と、撤回すべきとする声が錯綜しています。コー ン記者はマザー・ジョーンズ誌のワシントン支局長を務め、著書には"Showdown: The Inside Story of How Obama Battled the GOP to Set Up the 2012 Election"(『対決:2012年大統領選に向けたオバマ陣営の共和党との戦いの内幕』)があります。

  • イリノイ州フリーポートより、共和党大統領候補ミット・ロムニーが起業した非公開投資会社ベイン・キャピタル所有の工場前からのレポートです。センサタ・テクノロジーズの労働者たちが、工場から道をはさんだ向かい側に「ベインポート」と呼ぶ野営地を設置し、工場を閉鎖し170件の職と共に中国に移転しようとする同社の計画に抗議しています。労働者たちは自分たちの職を救ってもらおうとロムニーへの呼びかけを試みてきました。センサタに勤める マーク・シュレックとトム・ゴールラップのお二人と、野営を支持し野営地閉鎖の求めを退けてきたフリーポート市長ジョージ・ゴールラップに話を聞きます。

  • 「ベインポートへようこそ。ロムニー経済のお味見を」、本日の中継現場イリノイ州フリーポートのテント村を訪れると、垂れ幕に書かれたそんな言葉が目に飛び込んできます。「ベインポート」は労働者たちが設置した野営地です。11月に工場が閉鎖されて中国に移転し170件の職も中国に移ると、労働者たちは生活手段を失います。雇用主であるセ ンサタ・テクノロジーズの工場は、共和党大統領候補ミット・ロムニーが共同起業したベイン・キャピタル所有です。デモクラシー・ナウ!がセンサタの労働者たちと最初に出会ったのは、共和党全国大会が開かれていたフロリダ州タンパでした。彼らは当地でロムニーとの会見のチャンスを探りましたが、不成功に終わりました。その後フリーポートに戻り、自分たちの職場をなんとかして救おうと抗議の野営地を設置しました。「ベインポート」で抗議中の労働者ドット・ターナーとシェリル・ランデッカーに話を聞きます。

Syndicate content