« 前  

2012年6月7日(木)

  次 »
  • 数十人のニューヨークの代議士と複数の人権団体が、6月第2週、連邦議会議前に集結し、米司法省に対し、ニューヨーク市警察が行い問題視されている路上尋問への捜査を要請しました。2011年、ニューヨーク市警察はおよそ70万回も市民を呼び止め、身体検査と尋問をおこない、そのほとんどが黒人とラティーノの男性でした。アフリカ系アメリカ人の若者が呼び止められた数を総計すると、同じ人種年齢グループの市内人口よりも多い計算になります。「ここで肝心なのは犯罪者ではなく、警察によって犯罪者扱いされ、狙われ、残忍な仕打ちをされた若者がいるということが問題なのです」と自身も路上尋問の被害を受けた、デモの仕掛け人ジャメル・ミムスは言います。父の日の6月17日にニューヨーク市で行われる、人種プロファイルに反対する沈黙行進の計画を手伝っている全米黒人地位向上協会(NAACP)代表のベンジャミン・ジェラスにも話に加わってもらいます。「これは我が国の人種プロファイリング問題でも最大で、最も攻撃的なものです。ただちに止めさせなければなりません」とジェラスは言います。

  • ニュージャージー州に住む8人の米国系イスラム教徒が連邦訴訟を起こしました。その訴えは、ニューヨーク市警察にイスラム教徒やアラブ人コミュニティーを標的とした監視と情報収集プログラムを止めるよう求めています。議論を呼んでいるこのプログラムでは、ニューヨーク周辺の3つの州と、北東海岸部全域に住むイスラム教徒を対象に、人々が食事をしたり、祈ったり、また髪の毛を切ってもらうような所までをも含めた日ごろの生活への監視が行われています。訴訟を起こした非営利団体「ムスリム・アドボケイツ」(Muslim Advocates)の法務担当責任者の、グレン・ケイトンに話を聞きます。「ニューヨーク市警は基本的にすべてのイスラム教徒が容疑者だと言っているわけで、それは明らかに、法律の平等保護に違反しています」とケイトンは言います。

  • 賞を受賞した新しいドキュメンタリー映画"Five BrokenCameras"(『5台の壊れたカメラ』)は、息子の成長を記録するためにビデオカメラを手に入れたパレスティナ人の農夫が、結果的に西岸地区の村、ビリンに作られたイスラエルの分離壁への人々の抵抗運動の発展を記録することになった、その物語です。この映画は、ビリンの村人たちが、外国人やイスラエル人の運動家と一緒に分離壁の建設やイスラエルの兵士に抵抗する際に取った、非暴力的な戦略を描いています。この映画を監督したパレスティナ人のエマッド・バーナットとイスラエル人のガイ・ダビディに話を聞きます。

Syndicate content