« 前  

2012年4月16日(月)

  次 »
  • NY大学歴史学部教授グレッグ・グランディンが、米・コロンビア自由貿易協定と米州首脳会議後に深まった米国・中南米間の亀裂について語ります。米国側の買春疑惑という不祥事によって損なわれた米州首脳会議は、地域会議へのキューバの参加の是非や麻薬合法化などの重要課題で合意に達しないまま、15日に閉幕しました。中南米諸国の首脳らは、2015年にパナマで開催予定の会議にキューバは招待されるべきと主張しましたが、米・カナダ両政府はこれに反対しました。エクアドルのラファエル・コレア大統領は、キューバが出席を認められていないことを理由に、ことしの会議への出席を見合わせています。米政府は15日、主催国コロンビアとの自由貿易協定が予定よりも大幅に早く、5月に発効するとの見通しを発表しました。この協定は、労組活動家の殺害や襲撃など、労働者の権利に対するコロンビアの乏しい実績を理由に延期されていました。

  • グアテマラ、コロンビア、コスタリカ、エルサルバドルの大統領が麻薬戦争終結に支持を表明する一方で、オバマ大統領はコロンビアで行われた米州首脳会議で麻薬合法化に反対を表明しました。オバマ大統領は、麻薬合法化がより大きな問題を引き起こす恐れがあると指摘しましたが、麻薬政策に関する協議を行うことに関しては前向きな姿勢を示しました。また、中南米における警備強化や、麻薬売買人と麻薬カルテルの追跡に1億3000万ドル以上の資金を援助すると発表しました。薬物政策同盟(Drug Policy Alliance)の創設者で専務理事のイーサン・ナーデルマンに話を聞きます。ナーデルマンは、世界経済フォーラムのラテンアメリカ地域会合に出席中で、メキシコのプエルトバジャルタから番組に参加します。また、Empire’s Workshop: Latin America, the United States, and the Rise of the New Imperialism(『帝国の作業場—ラテンアメリカ、米国、新帝国主義の勃興』)の著者であるグレッグ・グランディンにも話を聞きます。

  • 先週、民主党系の政治評論家がロムニー前マサチューセッツ州知事のアン夫人について、「生まれてから1度も働いたことがない」と非難し、 家事を巡る論争が大統領選を揺るがしました。アン夫人は「私は家にとどまって、5人の男の子を育てるという選択をしました。正直言って、これは大変な仕事でした」と反論しました。本日は、この議論に歴史的な声を持ち込みたいと思います。長期にわたる活動家で作家、政治思想家で、女性の権利と人種差別に反対する先駆的な活動で知られるセルマ・ジェームズです。彼女は、主婦の仕事を「無給労働」という言葉で表現しました。また、家事労働を行う女性に対し賃金が支払われるべきだとも主張しています。Sex, Race, and Class — The Perspective of Winning: A Selection of Writings, 1952-2011(『性別、人種、階級—勝利の観点;1952-2011論文選集』)は、セルマ・ジェームズの新作です。60年の間、全く変わらない一連の論争の中で、セルマ・ジェームズは人種、階級、ジェンダーの垣根を超えた結束を呼びかけてます。先日、セルマ・ジェームスにインタビューを行いました。ジェームズは、西インド諸島の偉大な学者で元夫の故C・L・Rジェームズや、1952年の論文「A Woman's Place(女性の居場所)」の執筆について話しました。

Syndicate content