« 前  

2012年4月10日(火)

  次 »
  • ジャーナリストのセイモア(シーモア)・ハーシュは、ブッシュ政権が、米国務省の外国人テロリストのリストにあるイランの反体制組織の訓練を秘密裏に行っていたことを明らかにしました。ハーシュは、米統合特殊作戦コマンド (the U.S. Joint Special Operations Command/JSOC)は、2005年からネバダ州の極秘施設で、イスラム人民戦士機構(ムジャヒディン・ハルク/MEK)の工作員らを訓練していたとしています。ハーシュによると、MEKのメンバーはオバマが就任する直前まで、通信傍受、暗号文、兵器、小戦術部隊の訓練をネバダ州で受けていました。MEKは1997年以来、外国人テロリスト組織としてリストされており、1970年代の6人の米国市民の殺害から最近の一連のイラン人核科学者暗殺まで、多くの攻撃に関わっています。ハーシュは、イスラエルの諜報機関の役割についても考察し、オバマ政権はこの訓練のことを知っていたと指摘します。「なぜなら、オバマ政権はMEKに関して、そしてイラン国内での作戦に関して、この分野で前政権が何をしてたかという情報にアクセスできるからです」。ニューヨーカー誌のブログへのハーシュの新レポート"Our Men in Iran?"(「米がイランに送り込んだ戦力?」)の掲載は、4月の第2週に再開される予定のイランと国際原子力機関(IAEA)との協議と時期を同じくしています。

  • エジプトでは、ホスニ・ムバラク政権の諜報活動を率いていたオマル・スレイマンが大統領選への出馬を表明し、経済は危機を迎えつつあります。カイロを拠点とするデモクラシー・ナウ!の特派員シャリフ・アブドゥル・クドゥースに、革命後のエジプトの状況について話を聞きます。スレイマンはエジプトの情報庁長官を18年以上務め、米国と緊密な関係を築き、ブッシュ政権の「特例拘置引き渡しプログラム」で重要な役割を担っていました。そして今スレイマンは、5月23日から始まる予定の、すでに大勢が出馬している大統領選に立候補します。クドゥースは、エジプトが多額の財政赤字を抱え、また、小麦のような必需食料を輸入に依存しているにも関わらず外貨準備高は不足するなど、同国は経済危機の重大な局面に差し掛かっていると指摘します。「憲法がこれからどうなるのか、選挙がどうなるのかまったくわかりません。エジプトの革命は依然として宙に浮いたままです」とクドゥースは言います。クドゥースは、エジプト革命についての彼の報道で2012年の独立系メディアの特別業績に対するイジー賞(Izzy Award for Special Achievement in Independent Media)を受け取るためにニューヨークに来ています。

Syndicate content