« 前  

2012年4月3日(火)

  次 »
  • 全米の数千人の人々がトレイボン・マーティン事件の正義を求める中、警察の横暴に反対する長年の活動家で、米国黒人社会の政治的発言力を強化することを目指す、ColorOfChange.orgの共同設立者であるバン・ジョーンズに話を聞きます。彼は、自分がフード付きパーカーを着ているときに感じる身の危険について、またオバマ大統領政権下における人種間関係の状況について話してくれます。「今回の事件のようなことは身につまされます。私はアフリカ系米国人の父親であり、まだ小さい2人の黒人の息子がいるからです」と、ジョーンズは言います。「この2人の息子たちをどうやって守っていけばいいのでしょう? 彼らを外へ出すときにタキシードを着せなきゃいけないとでもいうんでしょうか?」。ジョーンズは、2009年にハーバード大学教授のヘンリー・ルイス・“スキップ”・ゲーツ・ジュニアが不当逮捕された時のコメントでオバマ大統領が攻撃されて以来、黒人コミュニティから人種について道義を求める声が消えてしまったと言います。しかし、今回のトレイボン・マーティン事件により「大人の対話への道が開かれるよう願っています。オバマ大統領は大統領候補だったときに、そのような対話の先頭に立っており、我々は彼がそうし続けると思っていました。今こそ前に進んでほしいと思います」と、彼は言います。

  • バン・ジョーンズは、米政府で環境保全をめぐる雇用創生の特別顧問職でしたが右派による組織的中傷によって辞任させられました。彼は、オバマ大統領の元スタッフで初めて本を出版した人物です。Rebuild the Dream(『夢の再構築』)と題されたこの本は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の暗殺の記念日に出版される予定です。オバマは2009年に、ジョーンズを顧問として任命しましたが、ジョーンズは当時のフォックス・ニュースの司会者グレン・ベックが先頭に立って行った攻撃にさらされて辞任しました。彼は新著の中でそのときの体験を記し、政権内部者と草の根レベルで社会変化を後押しする外部者の両方の立場に立った特異なキャリアについて語っています。「草の根の外部者から、6ヶ月の間米政府の内部者になり、再び草の根の外部者になった人間は、おそらく米国で私だけでしょう」と、ジョーンズは言います。「米政府の中にいたとき、そしてその後に私が目撃したのは、ホワイトハウスの内部、ワシントンの政界内部いる者たちと、彼らの選出を助けた外部者たちとの間にある非常に大きな誤解、そして前向きな変化への機会を大きく逃したことでした」。ジョーンズはさらに、将来への戦略についても語ります。

  • 米政府の元顧問バン・ジョーンズに、オバマ大統領の再選において「占拠せよ」運動が果たしえる、そして果たすべき役割について話を聞きます。ジョーンズは、彼が2011年夏に「夢の再構築」運動を始めた理由の一つは、革新派が経済問題に効果的に対処していないことを皆に気づかせるためだと言います。「我々は環境、人種、ジェンダー、移民、セクシュアリティといった問題にはとてもうまく取り組んでいますが、中心にあるべき経済問題がドーナツの穴のようにすっぽり抜けています。ティーパーティーは日々、そこを逆手に取ってきたのです」。彼やその他の人々が「占拠せよ」運動の課題にただ乗りしているのではないかという懸念に対して、彼は、誰も「占拠」運動を代弁してはいないと言い、彼の活動は「99%の全ての人」を「占拠」運動が始めた対話に参加させることができるようにするものであると主張します。

  • 米政府でグリーンジョブ(環境保全をめぐる雇用)創出の特別顧問だったバン・ジョーンズが、トランスカナダ社によるオクラホマ州からテキサス州までのキーストーンXLオイル・パイプラインの南側の建設をオバマが最近、支持したことに対して見解を述べます。オバマは環境保護団体による大規模な市民的不服従運動を受けて一時はプロジェクトを拒否していました。「ここで学ぶべきことは、闘いは決して終わらないということです」と、ジョーンズは言います。「率直に言って350.org世代や占拠運動の多くの若者たちが国を動かすだけの年齢に達するまで、我々はこの国で長い間、浮き沈みを続けるでしょう」。彼はさらに、オバマが政権を握ってから約270万件の環境関連職が創出されたと付け加えています。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の暗殺記念日を目前にして、ジョーンズは社会的・経済的正義を求める進行中の闘いについても思いを馳せます。「我々がやるべきことは、自分たちが信じる価値のために闘い続けることです。人口構造の変化が起きて我々の考え方が永続的に支配的な多数派を占めるようになるまで粘り強く」。

Syndicate content