« 前  

2011年12月1日(木)

  次 »
  • エジプト初の革命後の選挙の初期の結果から、ムスリム同胞団が構成する「自由と正義の党」(Freedom and Justice party)が大勝利を収める公算が大きくなりました。ホスニ・ムバラク前エジプト大統領の退陣以来カイロで取材をし、最近米国へ戻ったばかりのデモクラシー・ナウ!の特派員アンジャリ・カマトから話を聞きます。カマトは、不安定な経済と40人以上の死者と何千人もの負傷者を出した、民主化を求めるデモ隊と治安部隊の新たな路上衝突という中で行われた選挙の様子を話してくれます。彼女はまた、大規模デモを鎮圧するために米国製の催涙ガスをエジプト政府が使用したことや、ゴム弾や実弾で負傷した抗議者たちを警察が引きずって行ってゴミの山に放置した瞬間を撮影した写真についても語ります。

  • デモクラシー・ナウ!の特派員アンジャリ・カマトは、約1年に及ぶエジプトやリビアの革命の取材を終え、カイロから米国へ戻ってきたばかりです。アンジャリは、ホスニ・ムバラクを打倒した民衆蜂起とそれに引き続く反軍事政権デモへの弾圧をカイロの現場から取材しました。カマトは、リビアへも2回行き、民衆蜂起とNATO軍の助けを得て最終的に達成されたカダフィ政権打倒を取材しました。「私がエジプトやリビアの両国で見たこの一年間の中で本当に目を見張ったものの一つは、人々が恐れを持っていないことです」カマリは言います。「群衆が重装備の戦車や発砲してくる車両へ向かって走る様子を見て、すっかり呆気に取られてしまいました。何の恐れも持っていないのです。」カマトはまた、進歩的な欧米軍事主義批判者たちの間で意見が割れていたひとつの問題、つまり、リビアへのNATOによる軍事介入が、偽善や隠された動機があるにせよ、憎きカダフィ政権を打倒しようとするリビア人の間では広く受け入れられたという事実についても取り上げます。

Syndicate content