« 前  

2011年11月29日(火)

  次 »
  • 米上院は11月最終週、米政府による無期限拘留が大幅に拡大適用される結果につながる、国防省予算案を決議する予定です。国防権限法(the National Defense Authorization Act)には、軍がテロ容疑者とみなす誰でもを、世界中のどこでも、罪状も裁判もなしで投獄する権利を軍に与える条項があります。同法案は事実上、軍が“戦場”とみなす定義を、世界中のどこでも、たとえ米国内であっても拡大するというものです。同法案の起草者であるミシガン州選出の民主党上院議員カール・レビンとアリゾナ州選出の共和党上議員ジョン・マケインは、超党派の取り組みとして同法案の成立に向けてキャンペーンを行ってきました。しかし、ホワイトハウスは、国防長官のレオン・パネッタ、国家情報長官のジェームズ・クラッパー、FBI長官のロバート・ミュラーを含む高官らの後押しを得て、拒否権発動をちらつかせていました。「米議会が今回しようとしていることは、マッカーシー時代以来初めてのことです」と、番組のゲストで、上院に対し、同法案および拷問を禁止する行政命令を撤廃する別の条項に反対票を投じるよう26人の引退した軍指導者からの署名を集めたヒューマン・ライツ・ファースト(Human Rights First)のダフネ・エビエタは言います。「この件で、我々は、行政が裁判をしないまま軍事拘留で10年以上も人々を躍起になって拘束するのを見てきました。だから、ここで彼らが同じことを続けないわけがありません。ですから我々は今、米国市民、合法的米国居住者、そして外国の人々の無期限軍事拘留について話しているのです」。

  • エジプトは、長いこと大統領の座にいたホスニ・ムバラクを2011年初頭に追放して以来初めて行われる選挙の2日目を迎えました。エジプト国民は11月28日、初の民主的選出議会を選ぶために国中で長い列を作って待っていました。今回の選挙の直前には、少なくとも42人が死亡し、3100人以上が負傷した、11月第4週の抗議者らと警察の激しい衝突が起こりました。カイロでデモクラシー・ナウ!の通信員シャリフ・アブドゥル・クドゥースによって記録された、破壊的弾圧後に行われた選挙についてのビデオレポートを放送します。「我々は、我々の権利、つまり我々を代表し、我々が同意した人々によって構成される文民による大統領府評議会を求めるためにここにいます。この大統領府評議会は、この前のエッサム・シャラフ暫定政権のように軍事評議会が求めることを実行するだけの秘書のような存在ではなく、全面的な権限を持ったものでなけらばならない」と抗議者のラニア・モハメド・ファウジは言います。「我々は長い間沈黙してきました。でも今回は黙っていません。そして我々は我々の権利の全てを手に入れるのです。今回は最初のときのように、彼らがムバラクがいなくなったと聞いて、みんなが家に帰ったのとは違います。そうです、今回我々は、我々の権利の全てを手に入れるまで家には戻りません」。

  • 兵器級のトウガラシスプレーを開発した専門家カムラン・ロフマンから話を聞きます。彼は、警察がカリフォルニア大学デービス校の学生やニューヨーク市の女性抗議者、シアトルの84歳の活動家を含む全米中の「ウォール街を占拠せよ」運動の非暴力的な抗議者らに向けて、この化学物質を使ったことにショックを受けています。「映像を見て最初に頭に浮かんだことは警察でも学生でもなく、自分の子供たちが座って意見を言うだけで化学物質を噴射されてしまうということです」とロフマンは言います。彼は1980年代にFBIが兵器級のトウガラシスプレーを開発するのを助け、各警察署と協力して、その使用のガイドラインを作成しました。「今回の使用はまったく尋常ではなく、私が知るどんな部署の訓練や政策にも従っていません。80年代初頭と90年代に個人的に4000人の警官に使用の資格を与えましたが、今回のようなことは見たことがありません。だからショックを受けたのです。世間に対し、トウガラシスプレーがこんな目的のために開発されたのではないということを説明することが私の市民としての義務だと感じています」。

  • 11月28日、授業料の値上げと、彼らの最近の抗議行動への弾圧に腹を立てた学生が、東海岸、西海岸の両方で行動を起こしました。カリフォルニアでは、学生たちが、一連の授業料値上げと、バークレー校とデービス校での抗議行動に対する暴力的な対応に抗議して、カリフォルニア大学の理事会の会議を一時的に閉鎖しました。大規模なデモを警戒して、理事らは4つの別々のキャンパスから電話会議を行いましたが、4つのうちの3つでスローガンを唱える学生たちに直面し、場所を変えざるをえませんでした。ニューヨーク市では、ニューヨーク市立大学の評議委員らが2015年までの授業料の年次引き上げを可決した会議場の外で、数千人の学生たちが行進しました。今回の抗議行動は、2年前にカリフォルニア大学で発生し、すぐに全米中に広がった、授業料値上げと教育費削減に反対する長期的な闘いの中で一番新しいものとなります。学生の債務者らに、無料の公教育を含む多くの教育改革が施行されるまで学生ローンの支払いを拒否することを求める「“学生ローンを占拠せよキャンペーン”拒否の誓い」("OccupyStudent Debt Campaign" Pledge of Refusal)を立ち上げることを助けた2人のゲストに話を聞きます。パメラ・ブラウンはニュースクール大学の社会学の博士課程の学生で、アンドリュー・ロスはニューヨーク大学の社会文化分析の教授です。

Syndicate content