« 前  

2011年9月5日(月)

  次 »
  • 伝説の英国ロッカーでアクティビストのビリー・ブラッグを招いての特集をお届けします。ビリー・ブラッグは1970年代後半にロンドンでパンクバンドRiff Raffを結成し、ミュージシャンとしてのキャリアを開始しました。1984年に発表したアルバム『ブルーイング・アップ・ウィズ・ビリー・ブラッグ』には『イット・セイズ・ヒア』が所収されていましたが、この曲は、現在話題となっているニューズ・オブ・ザ・ワールドの電話盗聴事件にも通じる、政治とタブロイド紙への批判となっています。1998年と2000年、ブラッグは2枚の有名なアルバム、『マーメイド・アベニュー1』と同『2』に参加しました。この2枚はフォークソングの歌手・作詞家・作曲家で、貧困と労働者階級について歌ったウディ・ガスリーのアルバムです。ブラッグはガスリーの歌詞に曲をつけ、さらに同アルバムの制作に協力したWilcoと共に、アルバム所収曲の多くに参加しました。しかしブラッグを単にシンガーソングライターとしてのみ語ってしまうと、彼の不正義に関する発言や、多くの社会問題への取り組みを見逃してしまうことになります。1980年代には、英国労働組合の歴史上で最も大きな出来事の一つ、1984年のNational Union of Mineworkers(全国炭鉱労働組合)のストライキへの支援を呼びかけました。このストライキは当時のマーガレット・サッチャー首相のもとで最終的に潰されましたが、ブラッグはサッチャーと保守党政権の打倒運動の結成に進みました。ブラッグに長時間のインタビューに応じてもらい、さらにライブ演奏も披露してくれました。ブラッグは、アクティビストとしての長い歴史や、メディア王ルパート・マードックを巻き込んだ電話盗聴スキャンダルについての新曲Never Buy The Sun(『ネバー・バイ・ザ・サン』)など、数曲の歌を披露しました。

Syndicate content