« 前  

2011年7月26日(火)

  次 »
  • ノルウェー警察は、銃撃犯とされるアンネシュ・ベーリング・ブレイビクが7月25日、オスロの裁判所で、彼の組織には“さらに二つの下部組織”があると話したことを受け、7月22日の銃乱射事件の捜査を拡大しました。審問の中でブレイビクは、銃撃については責任を認めましたが、テロ容疑は否定しました。ノルウェーのメディアは、彼が「人道に反する犯罪」で有罪判決を受けるなら、禁錮30年になるだろうと報じています。ブレイビクがオスロの政府庁舎の外で爆弾を爆発させ、その後労働党の夏の青年集会で乱射したことにより、少なくとも76人が死亡し、96人が負傷しました。オスロから、乱射事件の生存者であるアリ・エスバティに話を聞きます。経済学者である彼は、ワークショップを行うためノルウェーのウトヤ島の集会に参加していましたが、水に飛び込んで銃撃を逃れました。「18歳か19歳くらいの若い女性が撃たれるのを見ました。彼女は“私がここで死んでも、あなたたちはみんな素晴らしいということを忘れないで、そして努力しつづけて”と繰り返し訴えていました」。

  • ノルウェーでの銃乱射と爆破の犯行を認めたアンネシュ・ベーリング・ブレイビクは、「マルクス主義とイスラム教徒による植民地化」からノルウェーとヨーロッパを救うために行動したと主張する反イスラムの過激右派と描写されています。こうした見方が広まっていることとその正当性について、ノルウェーの反人種主義センター(Norwegian Center Against Racism)のディレクターであるカリ・ヘレン・パータプオリと話します。彼女は、ブレイビグのイデオロギーは部分的に、ノルウェー防衛同盟(Norwegian Defence League)とノルウェーのイスラム化を阻止する会(Stop the Islamisation of Norway)という団体による影響で形成されたと言います。「彼は単に乱射を行ったのではありません。彼は右派の政治環境によって形成されたのです」とパータプオリは言います。

  • 多くのニュースメディアとコメンテーターたちは当初、ノルウェーの爆破・乱射事件をイスラム過激派によるものと報じていました。ルパート・マードック所有の英紙ザ・サンは、一面に「アルカイダの大虐殺:ノルウェーの9/11」という見出しを掲げました。米国では、マードックのウォール・ストリート・ジャーナル紙が当初、「ノルウェーは欧米の規範に忠実であったから標的にされた」と報じ、犯行を“ジハーディスト(聖戦主義者)たち”によるものとしていました。一方、ワシントン・ポスト紙のウェブサイトで、ジェ二ファー・ルビンは「これは、ジハーディストたちに対する戦争をするのは対価が高すぎると考える人たちに対して現実を突きつけたメッセージなのです」と書きました。事件に対するメディアの報道について討論するため、憲法専門の弁護士で、政治と法律問題のブロガーでもあるグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。彼はSalon.comに今回のノルウェー事件のメディア報道について書いています。「結局イスラム教徒は関与しておらず、現実には犯行は、世界観の一部に異様な反イスラム主義と執拗な反イスラム偏見を持つ右派の国粋主義者によるものとわかったとき、“テロリズム”という言葉は、主流メディアの言説からほぼ完全に消滅しました。そのかわりに彼は“狂人”とか“過激派”と呼ばれ始めたわけです」とグレンウォルドは言います。「このことは、我々の政治論や法律の中で非常に中心的な役割を果たしているこの“テロリズム”という言葉が、実は何の客観的な意味もなさないという事実を浮き彫りにしていると思います。この言葉は、単に暴力に携わるイスラム教徒を意味するようになってきています」。

  • 米陸軍工兵司令部の元契約監査長のバンナティン“バーニー”グリーンハウスは、当時副大統領だったディック・チェイニーがトップを務めていたハリバートン社との数十億ドルの無入札契約を公的に批判したことで降格された6年後に、97万ドルの和解に達しました。グリーンハウスは、国防総省がハリバートンの子会社であるケロッグ・ブラウン・アンド・ルートと不当に契約を結んだことを非難していました。2005年6月に議会で証言した彼女は、この契約を、政府の職権乱用としては、自分の勤続20年で目撃した中で最悪であると述べました。この証言の2ヶ月後、彼女は「能力不足」という名目で国防総省で降格されました。彼女は政府の契約監査員としてを20年間高い評価を得、米陸軍工兵司令部の上級文民監査員となりました。全国内部告発センター(National Whistleblowers Center)の協力を得て、グリーンハウスは彼女の降格に対する訴訟を起こしました。デモクラシー・ナウ!では、グリーンハウスによる政府の内部告発者たちにとっての大勝利にもあたる和解発表を独占放送します。グリーンハウスの弁護士マイケル・コーンと全国内部告発センターのディレクタースティーブン・コーンにも話を聞きます。

Syndicate content