« 前  

2011年4月19日(火)

  次 »
  • シリア警察は4月19日、シリアの都市ホムスの中央広場を占拠していた数千人の反政府デモ隊に発砲し、催涙ガスを浴びせたと報じられています。4月18日の月曜日、週末に殺害されたおよそ25人の活動家の葬儀が終わると、1万人を超える抗議者が広場に集まりました。デモ隊は、長年続くシリアの非常事態法の即時解除、政治犯の釈放、バッシャール・アサド大統領の即時退任を求めました。一方、内部告発サイトのウィキリークスが新たに公表した外交公電は、米国によるシリアの反体制グループと活動家への極秘に資金提供が少なくとも2005年から行われていたことを明らかにしました。ジョージメイソン大学中東研究プログラム主任のバサム・ハダドから話を聞きます。

  • 北大西洋条約機構(NATO)のリビア介入は4週間となりましたが、同国は軍事的な膠着状態に陥っているようです。リビアの元国連次席大使で、民主化運動抗議者らへのカダフィ大佐による弾圧を受けて離反し、現在はリビアの暫定国民評議会の代表を務めるイブラヒム・ダバシに話を聞きます。「(カダフィは)いずれ退陣するだろう」とダバシは言います。「しかし、彼がどれくらいの間、権力の座に留まるかはわかりません。NATOの軍事行動が米国の再介入で強化されれば、数週間でしょう。しかし、現状が続くのであれば、数ヶ月になるでしょう。」

    ★ 字幕動画はこちら

  • 北大西洋条約機構(NATO)がムアマル・カダフィ勢力と彼らのリビア市民への攻撃に対抗する軍事作戦を続ける中、英国は4月19日、反政府軍の兵士に助言する軍将校らを派遣することを発表しました。「最初に国連が対リビア飛行禁止区域設定決議をした夜、我々の多くがこのような行き過ぎが起きることを警告した」と、政策研究所(IPS)の研究員で、リビアへの国連介入に反対するフィリス・ベニスは言います。「我々が目にしているのは、NATOと米国による政権交代への明らかな介入で、国連決議を踏み越えたものです。」

    ★ 字幕動画はこちら

  • 福島第一原子力発電所の作業員らは、放射能漏れしている原子炉からの放射線物質を含む汚染水を一時的な保管場所に移送し始めました。この取り組みは、核危機を緩和させるための重要な一歩と彼らは言います。東京電力は「冷温停止」までには6ヶ月から9ヶ月かかると述べています。一方、米国では、バーモント・ヤンキー原子力発電所の所有会社が4月18日、現在の免許が切れる2012年3月以降の原子炉の運転に関し、バーモント州議会に拒否権を与える州法の無効を求める訴訟を連邦地裁に起こしました。バーモント州、バーリントンから長年の核専門家であるアーニー・ガンダーセンに話を聞きます。★ 字幕動画はこちら

Syndicate content