« 前  

2011年4月13日(水)

  次 »
  • 今回の原子力事故の評価レベルを自ら最大限に引き上げながらも、日本政府は破損が深刻な福島第一原発の周辺地帯の放射線レベルと食物の安全性に関する恐怖を鎮めようと必死です。「原子炉からは放射線が漏れ続けている。状況はまったく安定していない」とニューヨーク市立大学(CUNY)とそのシティ・カレッジ(CCNY)で教鞭をとる理論物理学者のミチオ・カク博士は言います。「最も些細な異状でも完全なメルトダウン(炉心溶解)を引き起こす恐れがある。そうなればチェルノブイリの比ではない。」

  • 日系アメリカ人の理論物理学者でベストセラーの著書もあるミチオ・カク博士が自身の最新刊 Physics of the Future: How Science Will Change Daily Life by 2100(『未来の物理学:2100年までに科学が日常生活をどう変えるか』)について語ってくれます。カクの描く未来では自動車はコンピューターで動き、老化現象は凍結され、インターネットはコンタクトレンズの中でサーフィンできるメディアになります。「誰かを見ているときに瞬きをするとしますね。するとコンタクトレンズの中でその人物の伝記が現れる。それで自分がいま話している相手がどんな人物かを知ることができるのです。ターミネーターという映画で、アーノルド・シュワルツェネッガーがある対象に焦点を合わせてその人物を特定すると、その人物のデータが現れるでしょ。そういうことができるようになるんです。それと、そのコンタクトレンズが相手の言っていることを翻訳してもくれます。話しているときに中国語やドイツ語を英語に直してくれる。つまり常に自分が話している相手がだれなのか、その相手が何を言っているのかがわかるというわけです」とカクは言います。

  • ワシントンD.C.市長のビンセント・グレイと同市議会議員の数人が11日、民主・共和両党による連邦政府予算案の成立をめぐる取り引きに抗議し、首都の主要交差点の真ん中で交通を遮断する座り込みをして逮捕されました。共和党が支持し提出された予算案は、同市独自の予算を低所得女性向け中絶手術費用として使うことや、HIV感染の拡大を防ぐための注射針交換プログラムに予算を使うことをも禁止するものです。 ワシントンD.C.ではHIVが流行しており、注射針交換プログラムはその対応策として極めて重要な手段と考えられています。グレイ市長に、なぜ抗議のために街へ出たのか、話を聞きます。

  • ポルフィリオ・ロボ大統領政権の弾圧に抗議してホンジュラスでは労働者や学生、活動家たちが1カ月にわたるゼネストを行っています。ロボは、2009年6月の暴力的な軍事クーデターで、民主選挙で選ばれたマヌエル・セラヤ大統領を追放し、暫定大統領に就いたロベルト・ミチェレッティ政権時代の選挙で大統領に選ばれました。国家統計によれば、ホンジュラスは世界でも最も暴力的な国の1つです。殺人事件の発生率はメキシコの4倍です。ホンジュラスは2010年にジャーナリストにとって世界で最も危険な国となり、そしてこの3月は今までで最も死亡率の高い最悪の月でした。ホンジュラスの独立ジャーナリストで民衆の抵抗国民戦線(National Front of Popular Resistance)の指導的メンバーであるヘラルド・トレスに話を聞きます。

Syndicate content