« 前  

2011年4月5日(火)

  次 »
  • 地震と津波発生から4週間後、そして作業員らが高濃度の汚染水が太平洋に直接流出している亀裂を見つけてから数日後、福島第一原発沖の放射線量は法で定められている限度の数百万倍と測定されました。専門家らは、放射線は広大な海ですぐに消散すると言いますが、大量の汚染水の長期的な影響については彼らもわかりません。新たな問題を受け、日本政府は4月5日、魚介類の放射性ヨウ素の基準値を初めて定めました。東京の原子力資料情報室のフィリップ・ホワイトに話を聞きます。「現段階の放射線に起因する癌は、数ヶ月または1年で発症することはなく、遅発性の現象になるでしょう」とホワイトは言います。「現状がどんな影響をもたらすかをきちんと把握するために、健康状態について多くのモニタリングをする必要があります。」

  • 日本の福島第一原発の災害は、国際社会の中で、原子力発電の将来についての議論を引き起こしました。世界では現在440の原子炉が運転中で、世界中の電気の約14%を生み出しています。また過去10年間、新たな原子力発電所の建設計画は特にインドと中国で急増していました。4月4日にウィーンで始まった、国連における核についてのご意見番である国際原子力機関(IAEA)が主催する原子力安全会議の第5回検討会合で、この問題に焦点が当てられました。東京の原子力資料情報室のフィリップ・ホワイトと、グリーンピース・インターナショナルの反核運動の責任者ジャン・バラネクに話を聞きます。バラネクは、IAEAは「原子力への大衆の信頼回復と、各国での民間原子炉発電の拡大への支援へ力をつぎ込むことで」真摯な検討を避けていると論じています。

  • 4月5日の夜、テキサス州は、予定されている死刑囚クレーブ・フォスターの死刑執行で初めて、新しい死刑薬を使う予定です。多くの州と同様に、鎮静剤のチオペンタール・ナトリウムが不足しているため、同州は致死注射の過程を実験しています。同州では苦痛を無くし、筋肉を弛緩させ、心臓を停止させる目的で3薬を混合したカクテルを用いています。その中の鎮静剤を選ぶ上で、州の刑務所職員が、医療専門家に相談することなく新聞記事に頼って代替薬としてペントバルビタールを選んでいたことが明るみに出るまで、新しい刑執行方法は秘密にされていました。米麻薬取締局は4月1日、不法に輸入された疑いがあることから、ケンタッキー州とテネシー州に対して薬物の供給を引き渡すことを要求しました。テキサス州の新しい死刑薬について詳細を得るために提訴したオースティンのモーリー・レビンに話を聞きます。ワシントンDCの死刑情報センター(Death Penalty Information Center)の本部長リチャード・ディーターからも話を聞きます。

  • パレスチナ人、そして世界中の芸術家や平和活動家が、パレスチナの創造的な非暴力抵抗の中心人物の死を追悼しています。パレスチナの子供たちのための劇場を創設したジュリアノ・メル=ハミスは4月4日、ヨルダン川西岸のジェニンで覆面の襲撃者らによって殺害されまました。メル=ハミスは、彼の「ジェニン自由劇場」の活動に対し、パレスチナ過激派から多くの殺害脅迫を受けていました。同劇場はパレスチナの若者たちに、映画や写真、美術、演劇などの芸術を通して自らを表現することによってイスラエルの占領下での困難な生活に対処していくことを助けてきました。ジェニン自由劇場の演劇学校の監督で、メル=ハミスと長年密接に活動したナビール・ラエ、そしてニューヨークを拠点とするフレンズ・オブ・ジェニン自由劇場の設立者兼取締会代表でジェニンでのプログラムにも密接に関わったコンスタンシア・“ディンキー”・ロミリーに話を聞きます。

Syndicate content