« 前  

2011年1月26日(水)

  次 »
  • オバマ大統領は25日、彼にとって2回目となる一般教書演説を行いました。中間選挙を経てねじれ国会となった上下両院議員を前に、大統領は米国がいま21世紀版の宇宙競争の時代にあること、科学研究分野での雇用創出は世界的競争の時代にあることを述べました。中でも強調したのは雇用問題ですが、さらに国内プログラムに関する5年間の歳出凍結など、様々な赤字削減の方法を提案しました。

  • オバマ大統領の2回目となる一般教書演説はアリゾナで銃撃されたガブリエル・ギフォーズ下院議員へのお見舞いの言葉で始まりましたが、銃規制問題に関しては触れずじまいでした。クリーン・エネルギーの必要性についても話しましたが「気候」という単語は一言も発せられませんでした。経済に関して話しても住宅の差し押さえには触れませんでした。この一般教書演説に対する感想を、長年、消費者運動家として活動しているジョーン・クレイブルックとソルトレイクシティの前市長で現在は人権団体「人権への至高の道(High Road for Human Rights)」代表であるロッキー・アンダーソンに聞きます。

  • 一般教書演説でオバマ大統領は自らの医療保険改革法の正しさを訴え、共和党議員たちにもこの法律に必要な修正を加えて前進できるよう手助けしてほしいと求めました。ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の現役外科医でニューヨーカー誌のスタッフライター、かつハーバード大学医科大学院の准教授でもあるアトゥール・ガワンデに話を聞きます。「一般の人々に、この政策の意味するところと、それがどんな価値を持つかを説明するリーダーシップが必要」「なのに(オバマは)敵対勢力がこれらの政策を失敗だとレッテルを貼るのを許している。可決したのは彼らなのに。」とガワンデは言います。

  • 伝説的な歌手で俳優、人道主義者で活動家のハリー・ベラフォンテと話をします。「思うに(オバマは)貧困層への懸念が明らかになっているのに、それを彼にとっての脅威だと感じていないから自分のゲームを続けてられる」とベラフォンテは言います。「黒人層の困窮もどんどん大きくなっているのに、それを危険であるとは見ていない。いろいろとアメリカの立場への批判を口にする国際社会へ向けてより壮大な政策が必要となってきていて、それを変えていかなくてはならないのに、それも脅威と感じることはない。この状態が続く限り、われわれはこの政権が実行する政策に永遠に失望し続けるだろう。」

  • エジプト全土で何万人もの民衆が街頭抗議に立ち上がっています。ホスニー・ムバラク大統領の30年におよぶ長期政権で最大の民衆抗議行動です。先日のチュニジアでの民衆蜂起に刺激されて、カイロのタハリール広場には推計で15000人の群衆が詰め掛けました。カイロから、独立系ジャーナリストでブロガーのホッサム・エルハマラウィに話を聞きます。

Syndicate content